宅飲み、パーティで同性の仲間と映画を見よう!

新入生、新入社員の歓迎シーズンも終わり、これからは更に個々人と仲を深める時期になります。そんなときに、異性間ではなくまずは同性の後輩、先輩と仲良くするために、宅飲みやパーティを企画する人も多いのではないでしょうか。
そんなときに、映画を見ようと思いつくことがあると思います。そして、どうせ映画を見るならば、それをキッカケにより仲を深められるような映画がいいですよね。
そこで、ここではそのような方々へ向けて、数多くの映画から厳選した「同性の仲間と盛り上がれる」映画を3つ紹介いたします!

1.21ジャンプストリート

21ジャンプストリート (字幕) - 予告編 - YouTube

出典:YouTube

『くもりときどきミートボール』の監督であるフィル・ロードとクリストファー・ミラーのコンビが送るコメディ&アクションムービー。主演は『マネーボール』や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のジョナ・ヒルと、『G.I.ジョー』や『ヘイトフル・エイト』のチャニング・テイタム。

デブでモテないが頭はまわる、ジョナ・ヒル演じる刑事シュミットとチャニング・テイタム演じるスポーツマンでイケメンだがお馬鹿な刑事ジェンコが繰り広げるバディムービーです。大筋は童顔を理由に高校に生徒として潜入を命じられた2人の刑事ドラマなのですが、オタクグループにシュミット、イケメングループにジェンコが潜入するはずが手違いで逆転してしまう逆転劇でもあったり、間違って自分たちがドラッグを服用してしまったりとどたばた大混乱コメディでもあったり、それでいてコンビの友情はしっかりと描かれていて、正統派バディムービーでもあったりと、とにかく見所が盛りだくさんです。ですので、様々な好みに受け入れられやすく、単に面白いだけでなく選びやすい映画でもあります。

その上で一番の見所といえるのが、過激やジョークやギャグの応酬です。特に止まらないブラックジョークやスラングは、同性同士であれば遠慮することなく大爆笑できること間違いなしです。

2.ホットファズ

映画『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』予告編 - YouTube

出典:YouTube

『ショーン・オブ・ザ・デッド』のエドガー・ライト監督が送るコメディ映画です。主演は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』にも出演したサイモン・ペッグ。『21ジャンプストリート』と同じく警察もののコメディ映画ですが、こちらはよりサスペンス色が強く、推理要素があります。

凄腕過ぎて周囲に疎まれるサイモン・ペッグ演じるニコラスがあまりに凄腕すぎて田舎に飛ばされてしまう、という衝撃のスタートなのですが、ニコラスは左遷先でも変わらずその優秀さを発揮しながらも、おっとりとした田舎の雰囲気まんまんな現地の警察や住民とソリが合わず苦悩している中、奇妙な事件に巻き込まれていく、というストーリーです。

この映画の魅力は何と言ってもカタルシスの気持ちよさでしょう。穏やかな田舎特有のうっかりしたギャグの中に薄気味悪いサスペンスの様相を呈したり、犯人のあんまりな動機に腹を立てつつも、最後には友情パワーと大量の銃火器の炸裂するアクションで思いっきりすっきりすることが出来て、盛り上がること間違いなしな一作です。勿論、白熱するアクションの中でもシュールなギャグは忘れられておらず、笑わされること請け合いです。他にも名作映画のパロディシーンも豊富で、映画ファンがいても楽しめるでしょう。一点、多少のスプラッター描写があるので、苦手な人がいるときには気をつけたほうがいいかもしれません。

3.ディス・イズ・ジ・エンド

ディス・イズ・ジ・エンド (字幕版) - Trailer - YouTube

出典:YouTube

コメディアンのセス・ローゲンとエヴァン・ゴールドヴァーグが監督として送る終末コメディ映画。監督の一人であるセス・ローゲンは同時に主役も務めています。この映画の特徴は、なんと全ての登場人物が本人役で登場しているという点、つまり、登場人物は全て俳優、女優だということになります。この映画にはなんと『ハりー・ポッター』シリーズのハーマイオニーとして有名なエマ・ワトソンも出演しますが、勿論彼女も本人役です。他にもバックストリート・ボーイズも出演し、本人役という設定が活きてくる豪華な俳優陣が特徴です。

肝心の内容はというと、なんと「パーティしてたら突然世界が滅んでしまった!」という奇天烈なストーリーです。何の脈絡もなく突然世界が滅んでしまったので、仕方なく生き残ったメンバーで共同生活を送る、というのが本筋で、最後に残った甘味を巡ってお馬鹿な言い争いをしたり、暇をもてあまして今まで自分たちが出演した映画の続編を勝手に作ったり、という生活を送りながら、世界滅亡の真相に牛歩で近づいていくという物語です。

この映画の魅力は、やはり自己投影の楽しさでしょう。仲間内で集まり、「自分たちがこうなってしまったらどうしようか」とわいわい盛り上がるのが楽しい映画です。勿論、一本の映画としても非常に面白く、気の抜けた演出やわざとらしい音楽と演出が的確に笑いのツボを突いてくる傑作です。

関連するまとめ

ウルティメイトフォースゼロってどんな奴ら?

近年のウルトラシリーズで活躍しているウルティメイトフォースゼロについてまとめてみました。

sai

タロットカードに基本・カード構成・魅力などについて

タロットカードの基本とカード構成(タロット・カードの全体の構成と各カードの意味など)について下記にまとめてみ…

あり

3分くらいで見た気になれる『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』第12話「見つけた居場所」…

人気テレビアニメ『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』第12話前編のダイジェストです。 内容を実況風にお届けして…

素の人(しろのーと)

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング