近い将来独立を夢見ている人なら誰でもが興味津々で人気のフランチャイズの詳細について下記にまとめてみました。

フランチャイズ

『たいていのコンビニエンスストアのオーナーは、社員とは違う』ということを、知っていたでしょうか?

コンビニ店主は、元来、他の職務をしていた人ばかりです。

「ビギナーからでも、店主になれる手段」、それがフランチャイズという運営手法です。

フランチャイズは、ビジネスをスタートための「補助輪」です。

ちゃりんこを巧みに操作できるようになるためには、まずは補助輪を使うでしょう。

いきなりちゃりんこを上手く乗れる人がいないのと同様に、ビジネスシーンでも、素人からやにわに運営の結果を得ることは困難です。

でも補助輪さえあれば、運営は初心者であっても、自力で前進することが可能となります。

フランチャイズのシステムは、フランチャイズに加盟する人・法人(例:コンビニのオーナー)が、フランチャイズ本部(例→セブン-イレブンの本社)から、お店の看板、確立されたサービスや商品を使用する特典をもらい、その補償金をフランチャイズ本部に払い出すというスタイルです。

フランチャイズチェーン

「チェーンすなわちフランチャイズ」と思っている人もいますが、実際は違います。

フランチャイズチェーン、直営チェーン、ボランタリーチェーンといくつもあります。

チェーン展開とは、同一ブランドでいくつもの店舗の経営・マネジメントを拡散して行く「運営フォーム」を意味しています。

一般のどこぞのコンビニ店と同様に、一般的には、一律ブランドをエリヤごとに創出するスタイルです。

ファーストフードやファミリーレストランにシンボルとされる「外食チェーン」、コンビニエンスストアや購入などの「小売業」では、一番認知度の高い運営パタンです。

一律ブランドなので、見た目やサインボードもユニフォーミティー。

どこのお店でも「それなりに良い品質に保持されたサービス」が受容されることから「お客様にとって好都合な内容」が、チェーン店の特質です。

フランチャイズのメンバーは、ブランド力・運営流儀・商品力などを開店初回から利用可能です。

フランチャイズ本部は、チェーンの店舗数を増大することが可能です。

フランチャイズビジネス

フランチャイズビジネスでは特権を与える者を [franchisor](フランチャイザー)といい、日本ではフランチャイズビジネスを経営する企業を目標とし、メーンオフィス (本部)・メーンオフィスエンタープライズ(本部)などと言われます。

さらに、特権を与えられる者を[franchisee](フランチャイジー)といい、加入・加入者(社)などと言われます。

では、特恵(特別な権利)の内容とは、どのようなものでしょうか。

それは、フランチャイザーがフランチャイズビジネスを経営するために編み出した品物やシステムのことです。

一般的には次の内容で構成されております。

関連するまとめ

働くなら派遣社員の方が良い?派遣社員で働くメリット3選

派遣社員で働こうか、正社員求人を探した方が良いのか悩んでいる人に向けて、派遣社員で働くメリットについてまとめ…

rrra

社会人が欲しがる便利アイテム特集!

オフィスで使うと超便利なアイテムをまとめました!

h_t

転職に役に立つ転職エージェントとはなに?

転職を上手に進めるためには、準備して必要があります。だけど、働きながら転職する場合はなかなか難しいですよね。…

あり

CHIE

いろいろな知識・知恵をまとめていきます!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング