ホルモン焼きとホルモンの違い

大阪で2番目に美味しいホルモン屋台

出典:YouTube

大阪でホルモン焼きというと、一般的には豚の腸を鉄板の上でコテを使ってタレをふりかけながら焼き、それを串に打ったり、もしくは串打ちはせず、そのまま容器に入れて食べる料理のことを指します。東京のもつ焼きとよく似ていますが、鉄板で焼くことと、串打ちが無いホルモン焼きもある点が違っています。少しややこしいのですが、網焼きの焼肉屋で出される牛の内臓の部分のこともホルモンといいます。しかし、これはホルモン焼きではなく、厳密には焼き肉の一種で、ホルモン焼きは前述の通り、鉄板で焼かれた豚の内臓肉です。ただ、ホルモン焼きのお店は昔に比べると、大幅に減っています。

酒どころに囲まれているために名物となった粕汁

京都最古の蔵元 「清酒 富翁」の酒粕汁【北川本家】Sake kasu jiru

出典:YouTube

粕汁の作り方 Soup with sake lees recipe

出典:YouTube

周囲に灘や伏見を始めとした酒どころの多い大阪では、酒粕を利用した粕汁という料理が家庭でも飲食店でも一般的に食べられます。粕汁は酒粕が出回る寒くなった冬に主に食べる料理です。野菜や鮭などを煮込んだ汁に少しの味噌と酒粕を溶かして作ります。大阪以外の飲食店ではあまり見かけない料理の一つです。

庶民的な食べ物・どて焼き

都道府県の食べたい物を作ろう#35大阪府 どてやき(牛スジの煮込み)

出典:YouTube

大阪新世界 串かつ 土手焼き ジャンジャン町(ジャンジャン横丁)

出典:YouTube

大阪中津「憩い食堂」すじ焼き、どて焼き

出典:YouTube

やっぱり大阪は串カツ でも どて焼きは やっぱり てんぐ

出典:YouTube

大阪【新世界】ジャンジャン横丁(串カツ・ビール・寿司・どて焼き・酒)OsakaTsutenkaku

出典:YouTube

どて焼きは大阪だけでなく、名古屋などでも名物となっている料理です。大阪のどて焼きは牛のすじ肉を白味噌で煮込んだ料理です。そのため、肉料理なのに味が甘いのが特徴の一つとなっています。居酒屋などでよく出される料理ですが、特に大阪の串カツの専門店では必ずといっていいほど、サイドメニューとしてどて焼きが用意されています。お店のカウンターでどて焼きの串がずらっと並んで煮込まれている光景は、趣があって食欲をそそられるものです。

これらの料理のうち、ホルモン焼きのお店は数が少ないので、探すのには少し苦労するかもしれません。

しかし、粕汁とどて焼きを提供している飲食店は少なからずあります。

大阪に旅行に行った際は、あらかじめネットでお気に入りのお店をしっかりと調べておいて、本場の郷土料理を堪能しましょう。

関連するまとめ

オシャレで美味しいデパ地下風のお惣菜を自宅で作ろう!

見た目も味も抜群のデパ地下風のサツマイモと蓮根を使ったおかずとマヨゴマ風味サラダの作り方をまとめました。

「初心者でも安心できる!バーで注文すべき初めの1杯」

バーに行ったことがない人でも安心して頼むことができる定番のカクテルについてまとめました

筆人

健康的なファストフード!「サブウェイ」のサンドイッチ

いま人気のファストフード店としてあちこちの店舗で連日人気なのが「サブウェイ」です。現在は全国に約300店以上…

rbkg

リカ

皆様のお役にたつ記事をご提供させていただきます。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング