■ミニトマト■

8月ぐらいまでぐんぐん育ちます!
ミニトマトには、リコピンやビタミンなどの栄養価が満点。
トマトには熱った身体を冷やす効果もあるので、暑い夏には嬉しいですね。
食卓に彩を添えてくれるので、ぜひ育てたいお野菜のひとつです。

ミニトマトは種から育てることもできますが、初心者の方は接木苗からをお勧めします。
日のあたる風通しの良い場所で、水遣りは少しだけにして育てるのがコツです。

■しそ■

主役級のお野菜ではありませんが、あるととても重宝しますよね。
ビタミンだけでなく、カルシウムや鉄分も含んでいるので、
お子さんや女性に積極的に取ってもらいたい野菜です。

春に種を蒔けば、秋まで収穫を楽しむことができます。
苗も売られていますよ。
丈夫で育ちやすく、土も選ばず、半日日陰でもへっちゃら!
大げさに言えば水と光があれば、育ちます。
まさに、初心者さんにはぴったりのお野菜です。

■ピーマン■

暑さなんてへっちゃら!夏バテ知らずの夏野菜。
なんと10月まで育つので、たくさん収穫できます。
ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含んでいるので、家庭菜園では人気者なんですよ。

種から育てられますが、初めての方はポット売りの苗から育ててみてください。
ただ、寒さには弱いので5月上旬くらいから植えてくださいね。
また、次から次へと実がなるので、追肥を忘れないでください。
この点から、上記2つよりはちょっと手間がかかりますが、
苦労した分だけ収穫できるという楽しみもあります。


小さなお子さんがいらっしゃれば、食育にもなります。
ぜひ、この連休は太陽の日差しをたっぷり浴びて、リフレッシュしてみてください。

関連するまとめ

食費を抑えるための賢い買い物の方法って?

節約を考えるとき、主婦の皆さんが真っ先に注目するのが食費だと思います。この食費は、買い物の仕方によって簡単に…

mino

クラリスについて

クラリスロマイシン

sindou-k

キッチンペーパーを1回で捨てるのはモッタイナイ!? 何回使えるか耐久性テストしてみた

「一度限りで捨てなければならない」という概念をあえて捨て、使い捨て所品を限界まで使い倒すことにチャレンジ! …

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング