■フォニックスを学習する

私たち日本人はどうしても英語の発音がカタカナよりなんです。
多くの人の場合、学校で間違った発音を学習しているため仕方がないのです。英語の発音は日本語のそれとは全くの別物だということをしっかりと認識しましょう。その上でカタカナ英語を頭から一度完全に追い出してください。
英語学習において、「フォニックス学習」という言葉を聞いたことはないでしょうか。

フォニックス学習とは…

フォニックス(英: Phonics)とは、英語において、綴り字と発音との間に規則性を明示し、正しい読み方の学習を容易にさせる方法の一つである。英語圏の子供や外国人に英語の読み方を教える方法として用いられている。
フォニックスでは例えば「発音 /k/ は c, k, ck のどれかで書かれる」のように、ある発音がどの文字群と結び付いているかを学び、それらの文字の発音を組み合わせて知らない単語の正しい発音を組み立てる方法を学ぶことができる。

発音よくなるためにフォニックスを勉強しよう - YouTube

出典:YouTube

フォニックスを学習することで、格段に発音が上達します。
それに伴いリスニング力アップも期待できます。

■シャドーイング

シャドー(shadow)とは「影」という意味ですね。影が付き従うように、耳から入ってきた文章をそのまま口に出すだけです。あくまで耳だけをたよりにして発音します。このトレーニングはリスニング力をつける以上に、ネイティブの英語の速さやイントネーションを習得するのに最適な勉強法です。
シャドーイングのやり方は動画の方がわかりやすいかもしれませんね。

シャドーイング実践-3つのポイントを押さえよう - YouTube

出典:YouTube

最初は全くできません。
30回以上は覚悟しましょう。
次第に耳が慣れていきますよ。

■ネイティブのイングリッシュ・スピーカーと話す

これが一番効果が期待できます。
一番手っ取り早いのは英会話スクールに入校することです。
ただ残念なことに、せっかく高い学費を払っているのに、ほとんど英語を話さない生徒さんが本当に多いです。先生に聞かれたことにイエスかノーかで答える受け身姿勢では、いつまでたっても英語は話せません。積極的に話すことを心がけましょう。

■最後に

いかがだったでしょうか。
英語習得の道は1日してならず。
気長に楽しく頑張りましょう!

関連するまとめ

成績を上げるコツは「習慣」の力を使うこと

成績アップとするには、習慣の力を使う事です!!

赤ちゃんと初めての新幹線。乗り方は?指定席はとるべき?

生後まもない赤ちゃんとのおでかけは、近場であっても何かと気を使うもの。それが、遠距離のおでかけとなれば尚更で…

ペニー

子供が使う”学習机”を選ぶポイントとその使い方!

子供が小学生になるあたりに、必ずどの家庭でも購入することになる学習机。その学習机の使い方のポイントをまとめて…

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング