①:とりあえず褒める

口下手であることが災いして、いざ片思いの女性と会話する機会を得ても、何を喋ればいいのか分からない。さらに会話のネタが浮かばずパニックになってしまう、ということも大いにあり得ます。そんな時はとりあえず、相手の良い点をひたすら「褒めていく」ようにしてみましょう。

例えば、「その髪形素敵だね」「その服装可愛いね!」「オシャレなネイルしているけど、どこでやったの?」といったように、何でもいいので目についた、または気になったところを褒めて、それを会話に繋げていくといいです。褒めるだけなら意外と焦らず出来ちゃいますよ。ただし、心のない褒め方だと相手にバレてしまう可能性も高いので、感情を込めて、本当に気になったということが相手に伝わるようにするとベストです。

②:相づちのパターンを増やす

片思いの女性と会話していくと、女性によっては一方的にトークを披露していくということもあるでしょう。そういう場合、自分は聞き役として相手の話を聞いてあげるのですが、その際に相づちのパターンをいくつか用意しておくといいですよ

トークを披露する側も、何気に相手の相づちの打ち方を意識してることが多く、中には「うん、うん」だけの相づちに対し、「本当に聞いてるのかな?」と不安に感じることもあります。そのため、ちゃんと聞いていることをアピールするため、さらに女性が気持ちよく会話してくれるためにも、いくつか相づちのパターンを増やしておきましょう。

具体的には、「なるほどなぁ」「本当!?マジで!?」「驚いたなぁ」「すごいねぇ」などなど、何でもいいんです。こういう風に文章で見ると「そんなもんか」となりやすいですが、案外人と喋るときの相づちはワンパターンになりがちです。意識して、ワンパターンかなと感じたら、適度に別の相づちを打ちましょう。

③:質問をじゃんじゃんしていく

口下手な人が片思いの女性と楽しく会話するうえで、相手に質問をしていくのも怠ってはいけません。というのも、会話のネタって「そうだねー」「マジか」といった相づちだけで聞き流してしまうと、そこで話の広がりもなくなる可能性が高まるからです。気が付くと、互いに会話のネタがなくなり気まずい雰囲気になってしまう…ということも。

やはりせっかく片思いの女性と会話しているのですから、少しでも長い時間、トークを楽しみたいものです。そこで、会話の中で気になるポイントがあったら、「具体的にどんな感じだったの?」「なにそれすごい!詳しく聞かせてよ」と、どんどん質問をかけていきましょう。

④:相手の表情に合わせる

口下手な人が片思いの女性と会話するときに押さえておきたいポイントが、相手の表情に合わせて、自分も同じように表情を作るということ。例えば、相手が笑顔で楽しそうに話をしている時には、自分も笑顔の表情を作り、逆に相手が少し悩んでいるような表情で辛い話をしている時には、自分も同じように悩んでいる表情を作って聞いてあげるのです。

自分の気持ちを相手も同じように感じてくれていることが表情をみることで分かり、相手も会話をしやすくなります。

関連するまとめ

恋人とのマンネリ化解消に向けて?ギャップが効果的!

カップルの悩みにおいて、比較的多い悩みが、互いの関係にマンネリ化を覚えるということ。これは特に付き合いの長い…

リカ

【彼女が必ずOKサインを出したくなる?!】プロポーズはこんな場所で!

一生に一度のプロポーズ。 やっぱり素敵な場所でやりたいものですよね。 女性がOKサインを出したくなる、そんな…

オトコのミカタ

「恋を遠ざけてしまう危険あり・女性のNG習慣とは」

恋を遠ざけてしまう恐れがある女性がやってしまいがちなNG習慣についてまとめました。

rbkg

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング