【(作り置きをする)】

そう、結論は作り置きをするのです。な~んだ。結局作らないといけないのか…と、思う方もいると思います。

ですが、単に作り置きをして、冷蔵庫に保管したとしても、腐ってしまうことはないですか?

そうなると、せっかく作った食材がダメになり、せっかく作ったのに、また作らなければいけない…

なんともこの二度手間…

色々な作り置きサイトに掲載してある料理を作り、実際にお弁当に入れたり、夕食で活用したりして、そこから学んだことをお伝えします!

【(水分を減らす)】

作り置きをするときのポイントとして大切にしたいのは「水分を減らす」です。煮物のときなども、水分を極力なくした方が長持ちします。

実際、干物が長持ちする一つの要因として、水分が少ないということもあります。ただ、干からびさせるまで水分を減らしても美味しくはないので、ほどほどにした方がよいです。

焼くにしても、焼きすぎると焦げてしまい、味も良くないですし、体にも良くありません。限度がありますので、その点に注意してやると良いと思います。

水分を減らして作れる食べ物もそれなりの数があります。普段作っているおかずに入れる水分を少し減らすなどすれば、作り置きに適したおかずになると思います。

【(腐りにくい調味料や薬味を入れる)】

水分を減らすことも大切ですし、抗菌効果が高い調味料や薬味を入れることも一つの手法です。

例えば、お酢。酢の物を作るのも良いと思いますし、煮物に少し酢を入れて煮込んでも良いと思います。入れすぎると、酸っぱくなるので注意が必要です。

お酒も良いです。煮物には入ってくると思いますが、お酒は入れたほうが良いですね。腐りにくくなります。

【生姜】

豚のしょうが焼きなどは、長持ちするおかずの代表作品だと思います。

煮物でも、生姜を入れると長持ちします。摩り下ろして入れると、生姜の味が強くなるので、そのまま入れても良いと思います。

味噌もよいです。昔の保存食なので、味噌を使ったおかずは長持ちします。味噌煮込みなどいいですよね。

汁気が多いおかずは、お弁当には適さないかもしれませんが、晩御飯として食べるには問題ないかと思います。

なんならご飯も沢山炊いて、冷凍保存すればいいですよね。

作り置きでも、基も最高の作り置きおかずは「カレー」。ナンにでも潰しが利きます。カレーライス、カレーうどん、カレーチーズトースト、カレーグラタンなどなど。

お弁当でも持っていったりしてもいいですよね。

私が好きなのは、お芋をマヨネーズで炒めて、カレーを入れて炒めていく料理です。お弁当で大活躍です!

関連するまとめ

夏野菜で! 傷みにくい夏の作り置きおかずを作ろう

毎日暑い日が続き食欲も落ちる夏、美味しくて傷みにくい楽ちんな作り置きおかずをご紹介します。

rrra

意外と豊富!神奈川県秦野市のグルメショップ!

新宿から一本!自然豊かな神奈川県の田舎町、秦野市のグルメスポットをまとめてみました。

sai

大阪!道頓堀・難波エリアのたこ焼き屋さん、人気ランキング!ベスト5

今回は、たこ焼きと聞いたら大阪! 激戦区の道頓堀エリア・なんばエリア・心斎橋エリアの大人気たこ焼き店の厳選ラ…

関連するキーワード

あり

為になる記事をご提供させていただきます。
因みにハンバーグが大好きです♡

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング