1.そもそもがルーチンの繰り返し

ものすごく疲れたり傷ついたりとは違うけど、毎日が淡々としてつまらないという悩みは尽きないものです。学校や会社と家との往復で終わってしまう、限られた範囲でしか行動先がない、無趣味・・・という具合に、誰もが変化を求めています。

まず、この単調なことの繰り返し自体が日々の生活であることを認める必要があるのではないでしょうか。所詮、人の生活圏なんて誰もが限られた範囲であることの方が自然なのです。そこからいかに愉しんで過ごすか、いかに愉しみを見出すまなざしがあるかが求められています。

愉しみを見出していく気持ちがなければ、どんなに傍目に派手で刺激的に見える生活を送っていても心は満たされないままでしょう。逆に言えば日々の地味なルーチンを愉しむことをモノにしてしまえば単調にして最強の愉しみ方上手ということになります。

2.まず、歩くことから始めてみる

手っ取り早いのは、歩く時間を作ってしまうことです。通勤や通学の手段で電車やバス、あるいは自転車で行っている場合、まず敢えて今日はひとつ前の駅やバス停で下車してその分歩いてみる、ということから始めたっていいのです。なるべくなら太陽の光に当たってほしいので、お天気のいい日がおススメです!空気や太陽の光の心地よさに気づいたら、このウォーキングタイムをそのままとっておきの朝活時間にしてしまうことだってアリです。

大切なのは、騙されたと思ってとりあえずでもやってみることです。それを「つまらないこと」と思うか思わないかで今後愉しみを見出していけるかどうかに大きくかかわってきます。

この太陽の光に当たることにも大きな意味があり、代謝を促したり、それまで下火気味だった気持ちやモチベーションが何となく上を向いて活動するための力が出てきたりというオマケも付きます!歩くこと自体、運動になっているので日々の滞ったような心身のフラストレーションの解消に繋がるのです。無趣味だったのに歩いてみたことを機に本格的にウォーキングが趣味になった、なんてことだってあり得ます。

3.歩くことで見えてくるもの

休日にショッピングモールやどこかへ遊びに行くにも、可能な限りなるべく徒歩に切り替えることをおススメします。私も近場のモールなどに行くときは自転車をひとっ走りさせて行くのが常でしたが、太陽の光に浴びることを求めて意図的に徒歩にしたらいっそう気持ちがいいものになりました!

歩きに慣れてきたらいつものルートにも意図的に変化をつけましょう。わざわざ遠回りしたり、住宅街を通って行ったりするうちに思いがけず素敵なお店を発見することだってあるかもしれません。新築の一戸建てを見れば、例えばきれいな白い外壁とお庭にたまたまその家の人が止めた自転車の鮮やかな緑色のコントラストの素敵さに「ちょっといいな」を覚えるかもしれません。そういうおうちに限ってかわいらしい郵便受けまで佇んでいる可能性もあります。飼い犬などペットに注目するのもおもしろいでしょう。

いずれにしても歩くことで見えてくるものは意外とすがすがしく、素敵なものが多いです。目と心の保養を日々得ていくうち、生活全体で見えてくる景色もまた変わってくるかもしれません。習慣づいてきたころには、それまでモノトーンにしか感じられなかったような日々にある程度カラーが点在するような景色になってきているのではないでしょうか。

まとめ

意図的にウォーキングをすることは収穫が多いです。大きすぎる期待は禁物ですが、気軽に取り組むことで心身に新しい風を取り入れてあげましょう。

関連するまとめ

唐辛子で実現するご長寿さん 辛いものは好きですか?

唐辛子で健康になる、というのはよくある説なのですが、このたびそれをアメリカの大学が調査した結果が出てましたの…

暮らし生活の知恵

若ハゲの原因と対策 

若ハゲは遺伝だけが原因だと思っていませんか? 自分の生活を見直すことでとれる対策もあるんです。

オトコのミカタ

眼瞼下垂(がんけんかすい)のまぶた治療について

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱まり、十分に目が開かなくなる状態の…

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング