1.いい値段の服より、質のいい服を

何も持ち合わせの衣類をすべてブランドづくめにしましょうと言っているのではありません。新しいものを取り入れると、それだけで気持ちも一新されるものです。せっかく買った衣類を長く大事に使いたい気持ちは分かりますが、踏ん切りをつけて新しい衣類を新調することもまた大切です。古い衣類しか持ち合わせていないと、気づかぬうちに意識の方も古く弛んでしまうことに繋がるからです。着ているものが人のすべてではないものの、結果として印象や生活の質の低下も招いてしまうことがあります。
それほどに、人が日ごろ身に着けている衣類の影響は案外大きいのです。古いものは質が低下しているので、新しくて質のいいものを定期的に取り入れることが大切です。ヨレヨレになってきたり、生地が薄くなってきたら買いどきと見なしましょう。クローゼットやタンスの中の古くなった衣類は今までありがとうの気持ちを込めて最後にお掃除用にでも使い、これからは新しい衣類の出番です。

2.インナーこそ手を抜かずに

見えないところこそ、手をかけたいもの。それは体で一番素肌に近いインナーを選ぶときも同じ意識を持ちましょう。インナーはどうせ見えないところだからと、ついつい手を抜きがちなアイテムでもあります。そこにこそまず意識革命の出番です!ソックスなども気にかけてあげるとさらにいいですね。
安物買いの銭失いという言葉があるように、安い物はかえってトータルで見たときに高くつくことが多々あります。インナーやソックスとなれば、毎日身に着けるもの。そうすると、ルーチンで着るためにも自分自身で毎日このインナーを見たい、身に着けていたいと思えるもので良質なものを数点確保することの方が、安物を多数買うよりも賢い選択になります。質のいい買い物をするためにも衝動買いは避け、日ごろから自分なりにここだと思えるお店を見て回っておきましょう。下調べをじっくりしてから買った方が買い物失敗率も少なくなります。
どんな衣類を買うにも、大切なのは果たして今手に取った服は本当にいいと思えるか?着たい、ほしいと思えるか?よーく悩んでみることです。

3.質のいい衣類からの影響に気づいてみる

インナーであれ、ソックスのようなポイントアイテムであれ普段着であれ、衣類を新調したことで自分自身の内側の変化に何かしら「気づき」があるはずです。特別高い金額の衣類を買ったわけではなくても、身に着けて歩いているとき、何となく背筋までピシッとするかもしれません。歩き方も颯爽と機敏に風を切るような歩き方をしているかもしれません。それまでの古い服のときとは扱いがまず違い、汚れちゃったけど、まあいいやとは思わないはずです。新調した衣類を汚さないよう、傷がつかないよう、大切に丁寧に扱っている自分自身がいるのではないでしょうか。
そしてそれはそのままおうちのキレイにも繋がっているはずです。おうちの中の様子もきれいに整った状態に変わってきたら、ひとつのクオリティオブライフが向上したものと見なせるため、しめたものです!
このように質のいい衣類は、気持ちが弛んでしまうことにブレーキをかけ、生活の質そのものを一定のよい状態にキープするよう、鍛えてくれる面があるのです。

まとめ

無理のない資金範囲内で、賢く上質な衣類を定期調達したいですね。箪笥の肥やしになっているだけのどうでもいいような服がたくさんあるよりも、本当にいいと思えて物持ちのいい服が少数あるクローゼットの方がずっと素敵なのです。

関連するまとめ

デートスタイルならやっぱり花柄を取り入れたい

可愛いと言ったら花柄、花柄と言ったら可愛い、つまりデートに持ってこいなのが花柄です。そんな花柄を使ったコーデ…

ペニー

ワイドパンツを使った素敵なコーディネートPart2

ワイドパンツは引き続き大人気のアイテムです。大人っぽくカッコ良くて素敵ですね。そんなワイドパンツを使ったコー…

sai

みんなの素敵な最新スカートコーディネートPart3

スカートはそれだけで女性らしく華やかな気分になります。素敵なスカートもたくさん出ています。みんなの最新コーデ…

rbkg

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング