■「ウィンドウ枠の固定」を利用せよ!

下方向や右方向にスクロールすると、見出しが見切れてしまってデータ入力が不便なときないですか。そんなときは「ウィンドウ枠の固定」を利用します。

カーソルを固定したい見出しの真下もしくは真右隣りに合わせて、

【表示】→【ウィンドウ枠の固定】。

これで、どんなにスクロールしても、見出しが画面から消えるということがないのでミスも防げます。

■見出しはページ毎にいちいち作らない!

ページ毎に見出しをコピーして挿入していませんか。

【ページレイアウト】→【印刷タイトル】→【タイトル行】に見出し部分を範囲指定。

こうすることでExcel上は一続きの表になっていますが、印刷上はページ毎に見出しが挿入されるようになります。

■表はボーダー柄にした方が見やすいぞ!

データ量の多い表は列や行を見間違いやすいですよね。
そこで表をボーダー柄にしてみましょう。

【挿入】→【テーブル】→表を範囲指定(先頭行をテーブルの見出しとして使用するにもチェックを入れる。)→テーブルスタイルを右上欄から選択

これでボーダーになります。このままでもいいんですが、見出しのスクロールボタンが気になる人は……

表のどこでもいいのでクリック→【デザイン】→【範囲に変換】

すると、スクロールボタンが消えます。

■適度な幅は境目をダブルクリックせよ!

文字数や文字の大きさに合わせて、列幅、行幅を変更しますよね。
列番号・行番号のそれぞれの境目にカーソルを合わせます。
「←|→」のマークが表示されたら、ダブルクリックしてみましょう。
適度な長さ幅に自動的に変更してくれますよ。

■最後に

いかがだったでしょうか。
簡単にできるテクニックばかりなので、表を作成するときぜひ参考にしてくださいね!

関連するまとめ

【占い】就職・転職の不安や悩みを占いで解決!?

この就職先で問題ないだろうか? 今の勤務先で問題ないか? 新しい会社に転職するべきか? 悩むことがあると思い…

chieまとめ

突然FX口座が凍結された!それはあなたが勝ちすぎていることが原因かも?!

FXトレードをしていて何だか変だなと感じたことはありませんか? またはポジションを持った瞬間に逆の方向に動き…

rbkg

在宅ワークのデメリット

子供がまだ小さくて育児に手がかかる場合や、妊娠・出産などの外に働きに出ることが出来ない時でも自宅で仕事が出来…

flower

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング