家を購入する際、様々なことにに気を配って購入するかと思いますが、見落としやすい注意点をまとめてみました。

近所や町内はどうか

広告やインターネットなどの情報で、その家のスペックや広さ、周りの建物などは把握できるかもしれませんが、その地域にどのような人が住んでいるか、どのような雰囲気の町内か、というのは、現地に行ってみないとわかりません。

自宅を購入していざ住んでみると、近所に迷惑なおばさんがうろついていたり、ゴミ屋敷が近くにあったり、というケースも実際にはあります。

近所にそういったマイナス面な部分がないか、というところは自分の目で見て確かめてみましょう。

その地域の学校の評判

例えば広さがどのくらいか、近くにスーパーがあるか、近くに大きな道路などがあるかないかなど、その家にまつわる情報は、事前に調べることができるため、夫婦で条件を出し合い、重み付けなどをして、購入の際の指針とすることができると思います。

しかし、一見わかりづらい情報が、がその家の周りの近所のことや、学校などのことです。

子供を作らない、もしくは大きくなった方は問題ないかもしれませんが、大半の方は子供を将来的に作る予定であったり、現時点で子供がいる状態で、自宅を購入することになると思います。

その際には通うことになるであろう学校の評判や評価を見ておいたほうが良いかと思います。

今の時点でよくても子供が通うことになったタイミングでは学校の評判もどうなっているかわからない事も当然ありますが、事前情報として自宅購入の際の一条件とすることを忘れないようにしましょう。

自宅購入は周りも調べること

学校がどのような評判か、また町内がどのような雰囲気か、というのは家だけ見ていると気づきづらい事です。

自宅購入の際は、面倒と思わず慎重に現地に足を運んでからの購入をお勧めします。

関連するまとめ

家を購入するときの仲介手数料を節約するには!

家を購入するときの仲介手数料についてのあれこれ。

まとめマスター

不動産会社との媒介契約には主に3種類ある

不動産会社との媒介契約には主に3種類ある

専門君

記録をしっかりとれば節税に役立つ!不動産売買を上手に行うポイント

記録をしっかりとれば節税に役立つ!不動産売買を上手に行うポイント

専門君

関連するキーワード

専門君

ITやWEB関係、不動産やリフォームなどの専門分野をまとめています!よろしくお願いします!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング