【1.毎日体重計に乗っていない!】

【1.毎日体重計に乗っていない!】

基本中の基本ですが、案外多いのがこのずぼらさんタイプ。

ダイエット中の毎日の体重測定は絶対です。
「今日食べ過ぎっちゃったし、体重計に乗るのが億劫……」
乗ってください!どれだけ太ったか把握するのも大事なことです。

また体重測定は、毎日同じ時間帯に行うのが良いでしょう。体重は1日の間で1㎏程度変動します。
測る時間帯が違うとダイエットが順調なのかわかりません。

【2.自分が食べたもの、食べたカロリーを把握していない!】

【2.自分が食べたもの、食べたカロリーを把握していない!】

ほとんどの人はなんとなくでダイエットしています。
ただ体重の数値を下げるということを目的にするなら、単純に食べなければいいのですが、たいていの方は美しく健康的に痩せたいですよね。
 
それでは、あなたが今日食べたものを書き出してみましょう。
摂取カロリーはどのくらいでしょう。カロリーがわからなければ、ネットで調べてみましょう。
自分が思った以上にカロリー摂取していませんか。
最近ではダイエットサポートアプリもありますから、それらを利用するのも良いですね。
 
また、食べたものにも注目します。バランスよく十分に栄養素はとれていますか?
皆さんは「まごわやさしい」ということばをご存じでしょうか
 
 「ま⇒豆」(納豆・大豆・豆腐・あずき・黒豆・油揚げ・高野豆腐など)
 「ご⇒ごま」(アーモンド・ごま・ピーナツ・くるみ・栗・ぎんなん・松の実など)
 「わ⇒わかめ」(ひじき・わかめ・のり・昆布・もずくなど)
 「や⇒野菜」(ほうれん草・トマト・白菜・キャベツ・セロリ・もやしなど)
 「し⇒しいたけ」(まいたけ・マッシュルーム・しいたけ・しめじ・エリンギ・なめこなど)
 「い⇒いも」(じゃがいも・さつまいも・里芋・山芋など)

※引用http://column.asken.jp/glossary/glossary-191/

上記を参考にしながら、毎日の食事に上手に取り入れていきましょう。
そうすることで、必要な栄養素を優先的に摂取する癖がつく上、お菓子を食べる前にお腹がいっぱいになりますよ。
これは健康的で美しく痩せることに繋がるのです。

【3.メンタル疲れ】

【3.メンタル疲れ】

ダイエットに失敗する人によくあるのが……

「どうしよう! 食べ過ぎちゃった!」→ 少しだけ体重増 → 「ダイエット失敗だ!」 →「やっぱり私はデブのままなんだ」(自己嫌悪) → ドカ食い → 自分が嫌いになる→体重激増

人間ですから、食べ過ぎるときだってあります。良いんです!
自分を必要以上に責めてメンタル疲れしていては美しく痩せれません。
「こんな日もあるよね。ま、いっか」ぐらいの心構えで臨みましょう。

前章にも繋がってくるのですが、摂取カロリーを把握していると、この不のスパイラルに陥ることが少なります。
人間はわからないということに対して不安を抱きやすい動物です。
「どのくらい過剰にカロリーを摂取したかわからない!」から不安が生まれ、メンタル崩壊を起こしたりするわけです。
余剰カロリー分は食べ過ぎた日の翌週1週間でカロリー調整すればいいのです。慌てることはないのです。

【4.短期間で痩せようとする!】

【4.短期間で痩せようとする!】

ハードな運動、超低カロリーの食事をすれば、短期間で痩せることも不可能ではありません。
では、痩せた後のことを考えてみましょう。「私は反動でドカ食いなんかしない! 運動だって毎日続けるわ!」という人は、問題ありません。
しかし、ほとんどの人は違うのではないでしょうか。

何が言いたいのか言うと、今やっているダイエットを、当たり前の日常のように、毎日続けられなければ、そのダイエットはリバウンドする可能性が高いということです。
ダイエット期間は間違った習慣、生活スタイルを正しいものへと改善する移行期間でもあるのです。
ですから、無理なダイエットは失敗し、リバウンドを繰り返し、そしてまたダイエットする羽目になるわけです。
 
あなたのダイエットは、目標地点が「〇㎏まで痩せる」で終わっていませんか。
「〇㎏まで痩せて、キープする」に変えましょう。
そう考えれば、無理なダイエットはしようとは思わないはず。

いかがだったでしょうか?
美しくありたいと思う皆様の参考になれば幸いです。
無理のないダイエットで、健康的で美しく痩せましょう!

【ダイエット】デキストリンって糖質なのに摂取していいの?について

出典:YouTube

10分でも絶大なダイエット効果 話題の〝ハイインパクト〟エクササイズ

出典:YouTube

関連するまとめ

骨盤ダイエットで骨盤の歪みを戻す

骨盤の歪みを正し、正常な位置に置くことでダイエット効果が期待できる骨盤ダイエットです。

メイクで余計に目立つ!鼻の下の乾燥を無くしてつるつる肌にしましょう!

花粉症や鼻炎の方は、鼻のかみすぎで鼻の下がカサカサに乾燥していませんか?メイクが上手く乗らなかったり、乾燥で…

茶々子

敏感肌さんの為の日焼け止め選び方をご紹介!

日焼け止めは塗らなきゃいけないけど、肌に負担がかかるとお悩みの方も多いのでは?敏感肌や赤ちゃん、お子様でも使…

rbkg

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング