■ミニトマト■

8月ぐらいまでぐんぐん育ちます!
そのまま放っておいても多く収穫できるという、初心者さんにうってつけの野菜です。
種または苗から育てる方法がありますが、初めての方は苗からがおススメ。
接木苗を選ぶと、病気にも強いので安心です。
育てる時は、日差し良くあたる場所を選んでください。
そして、水やりは少しだけにしてくださいね。

ミニトマトには、リコピンやビタミンなどの栄養価が満点です。
トマトには熱った身体を冷やす効果もあるので、暑い夏には嬉しいですね。
そのまま食べても、サラダとして楽しんでも文句なしのミニトマト!
食卓に彩を添えてくれるので、ぜひ育てたいお野菜のひとつです。

■ピーマン■

暑さなんてへっちゃら!夏バテ知らずです。
なんと10月まで育つので、たくさん収穫できます。
ミニトマト同様、こちらも種からではなく苗、しかも接木苗からの栽培がおススメです。

ビタミンA・Cに加え、ミネラルを豊富に含みます。
豚肉と一緒に炒めて食べれば、夏バテ予防に効果的!
ピーマンが苦手なお子さんも育てることで親しみを持ち、
食べられるようになることもあるそうですよ。

■しそ■

秋まで収穫でき、葉や実も食べられるという便利な葉野菜です。
一日中日が当たる場所でなくても、立派に成長してくれるんですよ!
とっても丈夫で、株を残しておけばこぼれ種で翌年も自生するんだとか。
土も選ばないそうなので、初心者さんにうってつけの野菜です。

ビタミンだけでなく、食物繊維、βカロチンに至っては野菜の中でもトップクラスの含有量。
カルシウムや鉄分も含んでいるので、お子さんや女性に積極的に取ってもらいたい野菜。
天ぷらや刺身のつま、肉巻きやパスタなど、しそひとつで料理の幅が広がりますね。

関連するまとめ

「島やさいの日」って何!?沖縄パワーの島野菜とは

4月8日は、「島やさいの日」です。 ご存知でしたか?沖縄で伝統的に食べられてきた、島野菜についてまとめてみま…

女性の味方

トランプ氏「暗殺未遂」

トランプ氏「暗殺未遂」騒動の真相をまとめてみました。

ここを冷やせば涼しくなる!寝苦しい夜の暑さ対策

暑くて眠れない夜に体を冷やすと心地よく眠れるので、アイスノンなどのヒンヤリグッズが大人気。 しかしどこを冷や…

sai

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング