【消臭作用】

市販の芳香剤は、強い香りで気になる匂いを覆い隠しています。それに対して、重曹は、においそのものを吸収してくれて、消臭してくれます。また、アルカリ性のタバコや生ごみのにおいに対しても、消臭効果を発揮しますので、幅広く対応できます。置いておくだけの消臭であれば、3か月が目安です。

【研磨作用】

重曹の結晶構造は、やわらかい分子でできています。そのため、洗浄する際にも、やさしくかつ効果的に、洗浄する研磨作用を持っています。表面の汚れだけを取りたい場合は、重曹を少し湿らせることで、結晶の角が取れ、磨くと傷つけることなく、汚れだけを取り除いてくれます。磨くときも、ゴシゴシと磨く必要はありません。

【発砲作用】

重曹は酸と合わさると、細かい泡が発生します。この時発生するのは、二酸化炭素です。排水溝は、重曹を振りかけて、お酢をかけるとシュワシュワと発砲します。人の手が届きにくい所は、この泡で汚れを落としてみましょう。

【まとめのことば】

重曹は、いろいろな作用で、汚れやにおいに働きかけてくれます。ひとつあると、本当に経済的ですし、お掃除の洗剤も少なくて済みます。重曹の作用を利用して、あらゆる場所をお掃除してみましょう。重曹の性質を知っているだけで、上手に使いこなせてきますよ。靴箱には、紙コップに重曹を入れて、置いておくだけで、消臭効果を発揮してくれます。約3か月経ったら、排水溝やトイレ撒いて、お酢をかけると、経済的ですね。発砲作用は、重曹と酸が反応した時に出る気泡で汚れが浮きますので、簡単です。

関連するまとめ

フラジールについて

メトロニダゾール

sindou-k

クレジットカードを現金化させる2つの方法

クレジットカードの現金化を行うとき、実はキャッシュバック方式と買取方式の2つがある事をご存知でしたか。知って…

jtrdtyhr

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング