・魔術について

魔術(まじゅつ)とは、

1.人間の克己心をコスモの出来事に活用することによりいくらかの変貌させることを企図して
執り行われる振る舞い、その仕様、それゆえに技量と熟知の組織、かかってそれをローリングする
カルチャーです。けれど市民感覚としての魔術はテクノロジとは違い、とにかく一見、超常的、
霊的なものとされる偏向があります。また、魔術により誘起することが可能だとイメージが湧く
事柄は、霊的なもの、表面的・フィジカルなもの、心理的・超自然的なものなど、コンテクストに
より多種多様な状況があります。
2.1から完熟して、ケルト神話などのレジェンドや、夢幻などのストーリーで克明にされる奇妙奇天烈な手段、技能(レファレンス:魔法)。
3.幻術、魔術、邪術、オラクル、ミラクル、仙術などの総称です。(精霊崇拝、汎経験説の項目もリファレンス。)
4.マジック、イルージョンのこと(本章「奇術と魔術」の節もリファレンス)。

日本に魔術というコンセプションが這入り込んで来たのは明治の時分、英: magic、仏: magie、独: Magie などの訳として這入り込んで来ました。英語のマジックはトリックの意味も持っています。

また、魔術は白魔術と黒魔術という二種に大種別されています。

・白魔術

白魔術は、好意的な目標のために使用されるものを言います。白魔術は敵手を不快にさせ、 仲間に利益をもたらすものとされています。近頃では、恋愛関係や欲望を花開かせるために使用されるのが白魔術と言われています。

ストーリーの中では、エンジェルのパワーを借りるものが白魔術です。アラビア、アフリカ、アジアなど、てんでに丸っ切り相関のないまま、別個に魔術が生まれました。通底することは、ゴッドやエンジェル、死者の霊魂やフェアリーなどの力を借りて行う魔術と、悪魔や悪霊などのサポートを受けて執り行う魔術や神通力があるということです。

これらを白魔術、黒魔術という風に分類して呼ぶようになったのは、古代エジプトの時代からだと言われています。

白魔術は、天体、生物、好餌、スピリットなどのサポートを受けて執り行う、オカルトチックなもので、自然魔術とも言われており、ルネサンス時代の魔術師達は、ナチュラルサイエンスや自然現象、フィロソフィーにものすごく精通していたようです。

ワールドワイドの魔術が欧州に集結し、古い時代書かれたヘルメス文書と言う書巻により、魔術は順序立てられていきます。ヘルメス文書を概略すると、『コスモは一つのものからできていて、全ては同じ自然現象によって関係している』というものです。

著作者のヘルメス・トリスメギストスはピラミドの営造者とも、エジプトの王の一人だとも言う見解があります

。彼の後ろ盾で、マジシャンも錬金術師も、自己の考究の方針を打ち出すことが可能となったのです。

・黒魔術

黒魔術を執り行うのは、黒魔術師と妖術師です。黒魔術師は、各魔術の役儀や論理を熟知している上で執り行いますが、妖術師は当方の体験から体得した、一部の術を使用するのみです。その為、妖術使い自らが、自己の所持しているパワーがいったいどこから生じて来るのか、そして、どのようなパワーなのか、把握していない人もいます。

黒魔術は白魔術とは異なり、何かを嘆願する際は、絶対に悪魔を召喚してから、締結をしなければいけません。つまり、黒魔術を執り行うには、出々しに悪魔を召喚し、契約を成立させなければならないと言うことです。

・召喚魔術

悪魔を召喚するには、まず、魔法陣を作ります。この魔法陣は、正確で安全に術師を保護します。

召喚する悪魔の種類により、日づけやコスチューム、ツールなどが異なります。これらを準備して、悪魔を召喚します。当然、召喚方法も、悪魔により式典の順序やプロシージャが全て異なります。ハイランクの悪魔になると、召喚方法も準備するツールなどもハードになります。

いよいよ悪魔の登場が間近になると、霊術師は恐怖感を覚えます。その恐ろしさに観念して魔法陣から出てしまうと、絶命するか心神喪失状態されてしまいます。それを超克すると、ようやく悪魔が出現します。悪魔に念願を伝達すると、その特恵を求めて来ます。そして、その時点で術師と悪魔の仲合が開始されます。

当然、術師は、極力僅かな善報で交渉が合意に達するよう、一生懸命になります。当然、そのプロシージャは重大なので公示不可能です。

・悪魔

召喚魔術で間近に招かれる悪魔の目処は、悪魔のクラスにもよりますが、たいていは人間の魂です。悪魔も特に好きで人間の力ぞえをしているわけではないので、召喚した術師までにもつけこもうとと考えます。つまり、取引きが成立したからといってちっともいい加減にはできないのです。そのように常に黒魔術は危険と紙一重なのです。

ロングヒストリの中で、悪魔を己に侍従させることができたのはイスラエルの王、ソロモンのみなのです。『ソロモンの鍵』『ソロモンの小さな鍵』には、悪魔の召喚方法、仲合方法などが詳細に収載されています。

悪魔は一度自分を召喚した術師を絶対に忘れません。そしてその術師の秘密を握ろうとします。人を調伏したりするとやがて自身に返ってくるというのも、この悪魔のこのような為業からだと言われています。

関連するまとめ

【これがオトコのぉぉお!】麻雀『役満』動画まとめ

『麻雀』はご存知ですか? 麻雀=ギャンブルのイメージが強い方も多いかと思いますが、プロも存在する世界です。 …

オトコのミカタ

TRANCE(トランス) パート1

音楽ジャンル TRANCE(トランス) 歴史のchieまとめ

1万円台から買える!シンプルな腕時計3選

ユニセックスなデザインでお手軽な価格ということもあって、大人気なシンプル腕時計。 プレゼントにもおすすめです…

なおさん

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング