毎年、大量に出版される「自己啓発書」。

当然のように玉石混交になってしまうのですが、中には五十年以上に渡って読み続けられる名著も存在します。

ここでは、日本の自己啓発書群の元ネタとなっている三冊の本を紹介してみることにしましょう。

7つの習慣

習慣が人生を変える

自己啓発書で、初めて日々の習慣が持つ力に目を付けたのは「七つの習慣」であると言ってよいでしょう。

「七つの習慣」という本の凄みは、辿り着く場所が個人的な成功にとどまっていないということです。

日本の自己啓発書の多くが自分だけ成功すればよいという自己中心的なものになっているのと比べると、やはり本家は違うのです。

著者は、単なる成功ではなく、人間としてあるべき人格を築くということを目標にしているのです!

道は開ける

あらゆる悩みから自由になるためには。そして「嫌われる勇気」へ

不安と悩みというのは古い時代から人類が抱える問題です。

この本は直接成功者になるための方法が書いてあるのではなく、不安や悩みというものをどうするべきかをわかりやすい事例とともに書いています。

驚くぐらいに読みやすいので読書が苦手な人にもお勧めです。

この不安や悩みとどう付き合えばいいのか?という問題に対する最終進化形が最近日本でベストセラーになった「嫌われる勇気」です。

ぜひ読み比べてみてください。

思考は具現化する

そして「引き寄せの法則」へ

成功哲学の原点とも呼ぶべきナポレオン・ヒルが辿り着いた結論は、「自分が思い描いたことが実現するのだ」という当たり前の事実でした。

彼は本書で繰り返しそのことを説きます。

本書で最も印象に残るのは、鉄鋼王アンドリュー・カーネギーと若き日の著者の衝撃的な出会いのシーンでしょう。

多くの日本人自己啓発書の著者が真似をしたくなるのもわかるような気がするほど素敵なシーンです。

関連するまとめ

西部警察に登場した専用パトカー・スーパーマシンの色々

1980年代、壮絶な爆破シーンとカーチェイス・アクションが注目を集めたドラマ・西部警察で活躍したスーパーマシ…

sai

キングコングとゴジラはどうやって戦うのか予想してみた

2020年に『Godzilla vs. Kong』でゴジラとキングコングが激突!しかしゴジラが100メートル…

筆人

関連するキーワード

考える人

哲学系のまとめを中心に書いています。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング