■フラッシュ使用はNG

「フラッシュを使えば撮れる」というのは間違いです。ちょっとカメラをかじったことがある人なら、夜景を撮るのにフラッシュは絶対といってよいほど使いません。なぜならフラッシュの光が届くのはせいぜい数mですから、遠く離れたところまで照らすことはできないからです。そこで次の2つのことを試してみてください。
まず1つ目はISOを上げてみることです。ISOを上げると感度が良くなり、シャッタースピードを上げることができます。ですが、上げ過ぎると写真がざらついて質が低下してします。
2つ目はカメラの「夜景モード」を使うことです。今のカメラはとても進んでいて、モードの切り替えでそこそこきれいな夜景を撮ることができます。しかし、夜景モードでは全てがオートで設定されてしまいますから、色味や光の感じなどを自分好みに変えることができません。あくまで「そこそこの悪くはない」写真が撮れるだけです。

■本格的に夜景を撮るには

自分好みの夜景を撮るには、いくつかの道具が必要です。
まず必須なのは三脚です。光が少ない所では、長い間シャッターを開いていなくてはならない(長秒露光)ので手持ちではぶれます。何かの上に置いたり、固定したりしても良いのですが、何といっても三脚があれば楽です。そしてISOはカメラの最低値(普通100)に設定し、手ぶれ補正機能をOFFにします。後は絞り優先モードにしてシャッターを押せば、それだけでかなりきれいな写真が撮れるはずです。その時気を付けたいのは、シャッターを押す衝撃でぶれてしまうことです。2秒後にシャッターが切れる機能やレリーズというリモコンスイッチを使うと良いでしょう。明るさはISOや露出の+-で、色味はホワイトバランスやカラーチャートなどで色々調整してみましょう。さらにマニュアルモードが使えればより幅の広がった写真が撮れるはずです。

■欠点を利用してみよう

このような方法(長秒露光)で撮影すると夜景がきれいに撮れますが、1つ欠点もあります。それは、動いているものが軌跡となって映り込んでしまうことです。人が歩いていればぼんやりと尾を引いて動きが残りますし、車のライトなどは線になって写り込みます。しかし、意図的にそれらを利用することもできます。1番良い例は花火です。きれいな花火の広がりは長秒露光でないと撮れません。また、光の軌跡をわざと写真に取り入れる方法もあります。上の写真はその良い例です。工夫次第でいろいろなバリエーションの撮影ができます。

さあ、夜の撮影で悩んでいた皆さん、三脚を購入して夜景を撮りに出かけてみようではありませんか。

関連するまとめ

ドラマ!【西部警察】の強烈爆破シーンをまとめました

80年台に爆破シーンやカーチェイスなどで注目を集めた伝説の刑事ドラマ西部警察シリーズから名物となった爆破シー…

タロットカードに基本・カード構成・魅力などについて

タロットカードの基本とカード構成(タロット・カードの全体の構成と各カードの意味など)について下記にまとめてみ…

あり

プラモデル化された石垣純哉デザインのモビルスーツ

機動戦士Vガンダム、それ以降のガンダムシリーズでメカデザインをつとめた石垣純哉さんのデザインによるモビルスー…

スカッとじゃぽん

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング