日焼け止めクリームを塗らないで、毎日車の運転をしていると、夏を過ぎても腕がこんがり焼けた状態が続いている方や、年齢肌のせいで肌がくすんでしまっている方の中には、もう年だからと諦めてしまっている方がいるようです。また、年齢肌を改善するために高価な化粧水や美容液を使っているのに、シミやシワが薄くならない、肌にハリが出ないと悩んでいる方もいらっしゃるのでしゃないでしょうか。肌悩みの原因と解決方法について調べてみましたので、参考にしてみて下さい。

■加齢

年齢を重ねるとコラーゲンに作用するエストロゲンの分泌が減少してくるため、肌がカサカサして乾燥してきます。また、皮膚に含まれている水分量も減ってくることが乾燥の原因となっています。そして、肌の水分を蒸発を防ぐラップの働きをしてくれる皮脂や汗の分泌も減ってくるので、更に肌が乾燥しやすくなるのです。皮膚が乾燥すると、潤いがなくなってシワができます。そして、皮膚の大事な働きの一つであるバリア機能が低下します。バリア機能は、外からの細菌やウイルス、ホコリ、花粉といった異物の侵入を防ぐ働きをしています。このバリア機能が落ちると、アレルギーやかぶれといった敏感肌の原因になります。また、紫外線によって、皮膚の細胞に傷が付くと活性酸素が発生して、シミやシワの原因となります。

■間違った洗顔

肌悩みはもしかすると、洗顔方法が間違っていることで、乾燥や大人ニキビの原因を作っているかもしれません。洗顔により皮脂が取れ過ぎると、肌の皮脂バランスが乱れて、肌が乾燥し、角質が蓄積されやすくなってしまいます。古い角質が蓄積されると、肌がくすんでしまったり、皮脂と混ざって毛穴の黒ずみやニキビの原因となりますし、毛穴も目立ってきます。そして、年齢と共に、肌のコラーゲン量が減少し肌にハリや弾力がなくなってきます。そうなると、肌のターンオーバーが乱れてどんどん肌が老化してきます。

ターンオーバーは20代で28日周期と言われていますが、30代になると45日くらいかかってしまいます。実際には、自分の年齢+28日が正しい周期だとも言われています。

■洗顔がカギ

紫外線のダメージを受けた肌や、年齢肌によるくすみなどは、高価な化粧品だけでは改善することはできません。重要なのは、洗顔なのです。角質層には、20%から25%の水分が必要と言われていますが、古い角質が蓄積され続けた肌に、保湿効果の高い化粧水や美容液をつけても肌にしっかりと浸透していくことができないのです。

年齢を重ねても、若い頃と同じような洗顔をしている人は少なくありません。しかし、年を重ねると皮膚は乾燥しやすく、ダメージを受けやすいので、年齢に合った洗顔方法や洗顔料を選ぶ必要があります。

■最適な洗顔料と洗顔方法

廊下の原因となる乾燥やバリア機能の低下、活性酸素は、毎日の洗顔料を変えるだけで防ぐことができます。フラーレンは、活性酸素の抑制をしてくれます。それから、スクワランは肌を乾燥から守ってくれます。この2つ成分は、お肌の老化防止に良いとされています。その他にも、ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタなど肌の老化を防ぐ成分が含まれた洗顔料などがあります。こういった美肌成分が豊富に含まれている洗顔料を使用することで、若々しい肌を保っていくことができるのです。洗顔の時は、温かいお湯を使って顔を洗うと、必要な皮脂まで洗い成されてしまいます。洗顔の時は、ぬるま湯を使うようにしましょう。入浴時に顔を洗う時も、ぬるま湯で洗顔して下さい。そして、泡立てネットでしっかり泡立てた泡の弾力だけで、優しく洗います。

■まとめ

寒いとつい、お湯で顔を洗ってしまいますが、お湯で皮脂が必要以上に取れてしまって乾燥肌を加速しているのです。それから、洗顔後のフェイスタオルは、清潔で肌に優しいオーガニックコットンのものを選びましょう。せっかく丁寧に洗顔しても、ゴワゴワのフェイスタオルで顔を拭いていたら台無しです。

関連するまとめ

男性も脱毛する時代です!美容に関心のある男性が急増中

美容に興味を持って男性が増えるようになりました。 特に脱毛に興味を持っている男性が多いようなのです。 その概…

カリスマキュレーター

骨盤ダイエットが体にやさしい理由

無理なダイエットではリバウンドが!痩せにくい体質が原因ではなく、骨盤自体のゆがみが関係していることが多くある…

子供のメタボリック症候群

子供のメタボリック解消には、大人も一緒に生活を改善する必要があります。まずは朝食をパンからお米に変えるだけで…

flower

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング