■心の持ち方と毎日のつきあい方を大切にしている

結婚後何年たってもラブラブな夫婦でいるためには、心のもち方が大切です。結婚相手は唯一無二の人、一番大切な人なので、責任をもって一番大切に生活するということが仲良しな夫婦の秘訣です。もちろん、親も子どもも大切ですが、自身が選んだ人なのだから運命を一緒にするのはこの人しかいないのです。そんな思いをいつももつということがポイントだといわれます。

つきあい方については、何でも話し合うということが大切だということです。言えば相手が不愉快になってしまうということでも、言わないでいると鬱憤が知らないうちにたまってしまいます。そして、何かの拍子に爆発、ということもありえます。そうなることがないように、言いにくいと想っても、自身にとって大切だと考えることは言葉を選んでしっかり話すということが大切だといえます。

■お互いに一番の理解者だということを忘れないでおくこと

相手は自分の一番の理解者だということを忘れないようにすることも大切なことだといわれています。相手への態度に気を付けるということが重要なポイントです。相手が落ち込んだり、不機嫌になっていたりする、またはさせてしまうということに極力気を付けるということといえます。

また、途中で相手の話を勝手に切り上げないということも含めて、相手が落ち込んでいた時は相手がそれについて話し始めるまで待ち、話を始めた時には相づちを打ちながら話を聞くなどをして、話の途中で相手の話をさえぎったりしないようにするということが大切で、相手との時間を十分に取るということになります。

■干渉しすぎない

干渉しない時間も夫婦仲がよくなるために必要です。誰でも、ある程度の自身のプライベートの時間はもちたいのです。どんなに仲がいい夫婦でも、一日24時間ずっといっしょにいることは難しく、お互い、一人の時間をもってゆっくりできる息抜きも必要といわれます。

ラブラブの夫婦になるためには干渉しすぎないことが大切で、一人で自由にできる心の余裕をつくりましょう。

■ケンカしてしまった後は相手の好物を出す

人間ですのでケンカすることもあるかもしれません。そんな時は、食事に相手の好物を出してみましょう。相手もそれまでは不機嫌だったとしても、食べているうちにだんだんと機嫌がよくなってくるはずです。人間お腹が空いた時は木も短くなります。好物を食べれば自然と心がほぐれてきますよね。

まとめのことば

結婚したら、結婚後何年経ってもラブラブな夫婦でいたいですよね。いつまでも仲良くいるためには、気持ちの持ち方と毎日の過ごし方が大切です。そして、相手に対する信頼や自立した関係づくり、そして気遣いといえますよね。これらのポイントを大切にして、いつまでもお互いに仲のいい夫婦でいたいですね。

関連するまとめ

もうすぐジューンブライド!あげてはいけない結婚祝いのプレゼント

6月といえばジューンブライドですね。 知り合いが多いと6月の祝日の半分は式に招待されて、どうしても式に出席で…

マトリックス

好感度アップ!家庭的な印象の女性になるには?

男性は家庭的な女性に魅力を感じるといわれています。今回は、男性が「この子家庭的だな」と思うポイントについてご…

マトリックス

彼氏に振られた言葉4つ

付き合っていて振られるパターンとして何となく終わるなと予想がついて振られるパターンと突然、別れを切り出されて…

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング