時差の関係で、普段はNBAの試合を生中継で観るチャンスが土日しかないという方が多いと思います。

しかし、ゴールデンウィークならその心配も無用、ゆっくり生中継を楽しむことができます。

さらに朝早起きすれば、かなりの数のプレイオフの試合を観ることが可能。

そんなNBAプレイオフの注目のチームについて紹介します。

ゴールデンステイト・ウォリアーズ

一昨年のNBAチャンピオンで、昨年はファイナルでキャバリアーズに苦杯をなめましたが、今シーズンもレギュラーシーズンは他を圧倒しました。

ケビン・デュラントを補強して一層強力になったウォリアーズ。

リバウンドなど高さの不安もささやかれましたが、そんな不安を一蹴。

優勝候補の最右翼で、主力に怪我がなければ順当に勝ち進みそうです。

ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ケビン・デュラント、ドレイモンド・グリーンは特に強烈で彼らを止めるのはなかなか容易なことではありません。

クリーブランド・キャバリアーズ

昨年のNBAチャンピオンも順調に補強をしましたが、なかなかチーム状態が上がってきません。

レブロン・ジェームズ、カイリー・アービング、ケビン・ラブのビッグ3を中心に、3ポイントシューターのJ.R.スミス、リバウンド職人のトリスタン・トンプソンと見た目の戦力はウォリアーズに引けを取りません。

前半ある程度リードしても、後半減速して苦しい展開になることが多い今シーズンのキャバリアーズ。

ディフェンス面の問題を指摘する向きもありますが、あとはチームとしてどれだけ機能するかです。

ファイナルがピークになるようこれから調子を上げていくのか、はたまた上がらないままカンファレンスすら勝ちあがれないのか。

サンアントニオ・スパーズ

スーパースターのティム・ダンカンが引退して、どのようなシーズンになるか注目されたスパーズ。

しかし、パウ・ガソール、デビッド・リーを補強してその穴を埋め、また他のメンバーの底上げもあって、心配は杞憂に終わりました。

特にカワイ・レナードはリーグ屈指のプレイヤーに成長し、すっかりチームの中心になりました。

名将ポポビッチの戦略、戦術も見もので、3シーズンぶりの優勝を虎視眈々と狙っているといった感じです。

まとめ

テレビではWOWOWで、ネットではNBA公式のリーグパスで観ることができます。

関連するまとめ

【NPB】日本プロ野球 年俸ランキング!

日本ハムの日本一で終えた2016年ペナントレース。 契約更改も一段落しました。

オトコのミカタ

サッカーの戦術を知っておくと観戦がもっと楽しくなる!

みなさんは普段サッカーを観戦することはありますか? サッカーはとても複雑な戦術を用いることが多いスポーツです…

ボニー

日本人に帰化したサッカー選手!【その1】

2108年のワールドカップ出場するかどうか気になるサッカー日本代表ですが、 じつはこれまでのワールドカップ出…

宗國

スポーツマン

スポーツ大好き!よろしくお願いします!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング