有名子役の中学受験やドラマでも取り上げられている中学受験。

特に都心部では中学受験をしているお子さんも多いと言う事。

では、実際、そんな中学受験には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

中学受験に必要な費用

中学受験ともなれば、家庭で学校の勉強をしていればOKと言うわけではありません。

大手進学塾と呼ばれるような塾に通い、その上、家庭教師を利用しているような家庭も少なくありません。

中学受験の場合、早いお子さんで小学3年生ごろから。

遅くても4年生ごろから受験勉強を始めると言われている事から考えるとかなりの費用が必要になってくる計算になります。

4年生の場合、塾の月謝は3万円前後だと言われていますが、6年生にもなれば月謝だけで6万円ほど。

その上、模試や特別講習などを入れるとより多くの負担が必要になります。

もちろん、中学受験の場合、塾にかかる費用だけではありません。

数校は受ける事になる受験料。

その上で入学金の準備も進めていく必要があります。

中高一貫教育と言うメリット

中学受験をさせるとほとんどの場合、中高一貫教育となります。

ここに中学受験をさせる最大のメリットがあると言えるのです。

公立のように中学ではここまでと言ったようなカリキュラムではなく、6年間を通したカリキュラムを組む事ができるため、多くの私立中学では高2までの全てのカリキュラムを終了させ、残りの1年間を受験勉強に専念させるところも少なくありません。

そうする事ができるのも中高一貫教育のメリットとなっており、大学受験に大きなメリットとなってくるのです。

「建学の精神」と独自の「教育理念」のメリット

何も大学受験だけを考え中学受験させる家庭ばかりではありません。

私立の場合、明確な教育理念を掲げている所が多くなっています。

その教育理念に関心を抱き、是非、我が子を通わせたい!と思う人も多くなっています。

特に女子校などには、そういった考えのご家庭が受験する傾向が強いようです。

教育熱心な家庭が多いと言うメリット

公立の学校の場合、どうしても様々な家庭のお子さんが通う事になります。

関連するまとめ

大学生が春休みにしておくといいことベスト3!

いかがでしたか?大学生の長い休みを無駄に過ごしてしまうのはとてももったいないです。春休み自分はこれをした!と…

flower

子どもの学習に対する意欲を高めるコツ3つ

昨今では学習指導要領の改訂に伴い、子どもの学習の量、質ともに多くなってきています。その中で子どもの学習に対す…

リカ

実は夏にも多くなる?小学生の「おねしょ」

小学生のお子様がいる親御さんの多くが悩む「おねしょ」。これまでおねしょは夏になると良くなり、冬になると逆戻り…

峠の425

関連するキーワード

暮らし生活の知恵

日々の生活や暮らしていく上で大切な知恵をまとめていきます!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング