一部の熱狂的なファンのみならず、ライトな感じのファンも含めると鉄道好きはかなりな数に上るのではないかと思います。

一般的に、JR東日本、JR東海、JR西日本がそれぞれ運営する3つの鉄道博物館は、三大鉄道博物館と呼ばれています。

ゴールデンウィーク期間中、この3つの鉄道博物館を中心に三大都市圏を旅行するのはいかがでしょうか。

鉄道博物館(埼玉県さいたま市)

JR東日本系の公益財団法人が運営する博物館で、秋葉原の近くにあった交通博物館が2006年に閉館し、2007年に鉄道博物館がその後継として開館しました。

鉄道の歴史を積み重ねてきた多くの車両の展示や運転シミュレータの体験などがあります。

入館料金は、大人1,000円、小中高校生500円、3歳以上の未就学児200円です。

入館に際しては、Suicaなど交通系ICカードを利用できます。

館内にあるレストランでは、かつて食堂車で提供されていたメニューも食べることができ、オールドファンにはたまらない食事となることでしょう。

アクセスは、大宮駅よりニューシャトルに乗り、鉄道博物館(大成)駅下車徒歩1分です。

リニア・鉄道館(愛知県名古屋市)

JR東海が運営する博物館で、2011年に開館しました。

その名の通り、リニアや新幹線など高速鉄道を中心に、過去活躍した車両などが展示されています。

過去その当時の世界最高速度を記録した蒸気機関車、新幹線、リニアのそれぞれの車両が展示されており、この博物館を象徴しています。

入館料は、大人1,000円、小中高生500円、3歳以上未就学児200円です。

入館料など館内の支払いには、TOICAなどの交通系電子マネーを利用できます。

アクセスは、名古屋駅からあおなみ線に乗り、金城ふ頭駅下車徒歩約2分です。

京都鉄道博物館(京都府京都市)

JR西日本と公益財団法人が運営する博物館で、2014年に閉館した大阪・弁天町の交通科学博物館の収蔵品を移設し、梅小路蒸気機関車館を拡張、リニューアルして2016年に開館しました。

この博物館の特徴は、何と言っても蒸気機関車。

梅小路時代から目玉の蒸気機関車と機関庫を中心に、かつて活躍した車両が展示されています。

入館料金は、一般1,200円、大学生高校生1,000円、中学生小学生500円、幼児(3歳以上)200円です。

アクセスは、京都駅から徒歩で約20分、バスで約10分です。

関連するまとめ

沖縄には駅弁は1つだけ!「海人がつくる壺川駅前弁当」

駅弁には、それぞれの地方の名産品が含まれています。 沖縄県の美味しい駅弁をご紹介します

旅人

【悠々自適♪】ゆったりと流れる時間の中で過ごしたい。国内クラシックホテル特集

クラシックホテルとは長い歴史を持ち、西洋文化やサービスを広めたホテルのこと。ホテルの歴史の中には著名人の思い…

日本大好き

湖の形がハート型!秘境にある豊似湖を紹介します

「豊似湖」は高い位置から見ると「ハート型」をしており、某菓子メーカーのCMでも使われています。しかし豊似湖は…

ペトウトル

関連するキーワード

旅人

旅行・観光関係についてまとめていきたいと思っています!
よろしくお願いします!

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング