東北を代表する桜祭りの一つである弘前さくらまつり、そして故事を現在に伝える祭りとして代表格の藤原まつり、米沢上杉まつりを紹介します。
日程的にも3つの祭りを全て回ることが可能です。
ゴールデンウィークにいかがでしょうか。

・弘前さくらまつり

東北随一の桜の名所、弘前公園。勇壮な弘前城と華麗に咲き誇る桜のコントラストは東北春の風物詩となっています。
2017年の弘前さくらまつりは、4月22日(土)から5月7日(日)の期間で行われます。
ソメイヨシノを中心に約50種類2600本の桜があり、圧巻の桜景色です。
弘前公園の桜は、1つの花芽から咲く花の数が多いのが特徴で、花にボリュームがあって重厚感を醸し出しています。
さくらまつり期間中は、約200の出店が軒を連ね、9:00から21:00まで営業します。
また18:30から22:00までの間、桜がライトアップされ、趣を変えた姿を見ることができます。
会場となる弘前公園へは、JR弘前駅から徒歩で約20分、バスで約10分です。

・春の藤原まつり

世界遺産平泉で行われている祭りで、平安時代にこの地で隆盛を極めた奥州藤原氏を偲んで行われる祭りです。
春と秋の2回行われていますが、春は華やかさを特徴とした祭りになっています。
5月1日から5日までの期間で行われています。
祭りとともに世界遺産の史跡を訪れるのも良いと思います。
3日に行われる「源義経公東下り行列」は特に有名で、総勢約100名の行列は圧巻の平安絵巻です。
秀衡、義経、北の方、弁慶などの配役にも注目が集まります。
行列は毛越寺を出発し、中尊寺が終点です。

・米沢上杉まつり

藩祖上杉謙信公を祀った上杉神社の例大祭から発展した祭りです。
4月29日から5月3日までの期間で行われています。
5月2日に行われる武てい式は、謙信公が出陣の際行っていた先勝祈願を再現したものです。
5月3日に行われる上杉軍団行列は、戦場へ向かう上杉軍団の甲冑行列と豪華絢爛なみこしとが調和した圧巻の行列です。
同じく5月3日には、川中島合戦の再現があります。
上杉軍が武てい式、武田軍が三献の儀で戦勝を祈願した後、上杉軍の雷筒、30匁筒の一斉射撃で決戦の火蓋が切られます。
クライマックスは、謙信、信玄の一騎打ち。
勇壮な戦国絵巻が繰り広げられます。

関連するまとめ

【関東】人気おススメ遊園地ランキングTOP10

今回は東京ディズニーランド以外にも関東にはオススメの遊園地があります。 そこで人気おススメ遊園地ランキング…

『カップルで!』楽しめる!ワクワクのリゾートデート3選

カップルなら、やっぱりリゾート地でのデートがしたい!って思いますよね。 二人の距離もいっきに縮まる、そんなデ…

首都圏で人気のベッドタウン、流山市の魅力とは!?

都心から電車で約20分、近年子育て世代を中心に人口流入が著しい人気タウンが千葉県の流山市です。今回はその流山…

rrra

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング