■男の子の一番人気は「大翔」

毎年、明治安田生命が男の子、女の子別に名前の人気ランキングを発表しています。
2016年の男の子の名前人気ナンバー1は「大翔」でした。これは二年連続のことなのだそうです。
それに「蓮」「悠真」「陽翔」「朝陽」と続きます。いかにも今風といった感じがしますね。
ドラマの登場人物や、若い俳優さんでも似た語感の方が多いように感じます。
どの名前を見ても、私の頭に浮かぶのはイケメン達の顔です。これはいいことなのかもしれません(笑)
今風の名前には「翔」や「陽」という漢字が多く使われています。
明るく、元気に、将来に向かって羽ばたいて欲しい――というのが今の子ども達の両親に共通する願いなのでしょう。

■女の子の一番人気は「葵」

女の子の人気ナンバー1も二年連続で「葵」なのだそうです。
「葵」という語には、かわいらしく、どこか凛とした響きがありますね。
それに「さくら」「陽菜」「凛」「結菜、咲良、莉子」と続きます。
AKB系列のメンバーでコンプリートしてしまえるのではないでしょうか。
「さくら」が今でも人気なのは、日本における普遍的な価値観や萌えを表すことができている言葉だからでしょう。
明治・安田生命の分析では花に関する名前が人気のようです。
気に入った、思い出の花の名前を娘さんの命名のヒントにしてみるとよいかもしれません。

■苗字との組み合わせで画数に注意!

様々な名前ランキングを見たり、好きな漢字をピックアップしたり、夫婦で話し合ったりして素晴らしい名前が見つかるかもしれません。
でも、ちょっと待ってください。
いくらいい名前だからと言っても、苗字との組み合わせで最悪の命名になってしまうこともあるのです。
一つは苗字と名前との組み合わせで、ダジャレや下ネタになってしまうことがあるということです。
そんな名前を付けられ、学校でいじめられでもしたら大変です。
そしてもう一つは画数です。
苗字単独や名前単独ではいい字数でも、組み合わせると悪い数になってしまうことがままあります。
名前を付ける時は、苗字との兼ね合いにも気を付けてみましょう。

関連するまとめ

もうすぐ臨月!出産時と産後入院のマストアイテム

長い妊娠期間を終え、いよいよ臨月!となると気になるのが、出産準備ですよね。出産や入院に必要なものは何なのか、…

スカッとじゃぽん

【鳴かぬなら 鳴くまで待とう ほととぎす】徳川家康についての重大な3戦

戦国三英傑の一人です。意外な戦での敗北や彼の絶望、そして天下人となり江戸幕府開府までの重要な3つの戦について…

sai

PTA役員は面倒?!PTA役員の3つのメリット

新学期が始まり、PTA役員になったママさんもいらっしゃると思います。 PTA役員って面倒・大変・疲れる!とい…

ボニー

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング