■仕事がおもしろくて忙しい

男性は、ある程度仕事で認められてから結婚をしたいと考える人も多くいます。そのため、一生懸命に仕事を頑張っているうちに、仕事がおもしろくなり、忙しくなって、とても結婚を考える余裕がないという人もいます。

付き合っている彼女がいても、その彼女のためにがんばっていたら、仕事が忙しくなって没頭してしまい、彼女と会う時間がなくなってしまったという人もいます。

大きな仕事を担当して責任が重くなって、今すぐに結婚というのは難しいという場合もあるようです。それがひと段落したら結婚についても冷静人考えられるようになるかもしれませんが、今はそんな余裕がないという場合、今は結婚できないということになるでしょう。女性としては今は待つしかないのかもしれませんよね。

■結婚できない事情がある

付き合っているのに結婚できないという場合、結婚できない事情があるのかもしません。例えば、家族関係が複雑で結婚が難しかったり、身内にもしかしたら借金を抱えている人がいて結婚できないのかもしれません。

特に自分の借金があるという場合などは、結婚など考えられないという人もいるでしょうし、なかなかこれから結婚をしようかという気持ちをもちにくいといえます。

■結婚に対して否定的で意義を見いだせない

結婚に対して置かれている状況などから前向きになれないという人もいますが、結婚というイメージに否定的で結婚をしたくないという人もいます。

小さな頃、夫婦喧嘩が絶えなかった家庭で育った人や、両親の離婚の様子を目の当たりにした経験などがある人は、結婚自体にあまりいいイメージをもっていないという人などもいるかもしれません。

結婚しても、お互いに傷ついて離婚をするのかもしれないと思うと、結婚対して否定的なイメージをもち、それで適齢期になっても結婚をしたくない人もいるといえます。

■結婚そのものに関心がない

結婚自体に関心がなく、結婚に価値を置いていないという人もいます。一生独身の方が気楽で、子どもにも関心がないというようなタイプの人です。紙切れ一枚のことでそれほど人生を束縛されるのは違うと思っている人や、結婚しても経済的に苦しくなるだけで、子どものために鎖を繋がれて生きるのもまた違うと感じている人などが多いかもしれません。

まとめのことば

そろそろ適齢期なのに結婚をしたくないという男性の理由には様々あり、仕事に邁進したいという人や事情があって結婚できない人や結婚に対して否定的な人、はなから結婚そのものに関心がない人など様々です。

関連するまとめ

少し強引なキスに胸キュンする3つの心理とは!

少し強引なキスに胸キュン・ドキドキしたりして、そんなキスも嫌いではないと感じている人は少なくないはず。 あな…

LOVE再燃!二人の倦怠期を乗り越えるコツ

せっかく付き合うことができた大好きな彼との倦怠期を乗り越えるコツについてまとめました。

彼氏の母親役ではダメ!愛される彼女であるためには?

付き合いの長いカップルによく多いのが、互いの関係性に慣れてくることで、私生活の細かい部分にまで干渉しようとす…

なおさん

関連するキーワード

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング