■結婚生活を維持するための収入面で不安がある

結婚しない男性の場合、大きな理由が収入面での不安だといわれています。
結婚して子どもをもった時に、妻と子供を養えるだけの収入があるのか不安で結婚に踏み切れないという男性も多くいるといわれています。

将来、自分の子どもがほしいと思う男性は多いといわれていますが、適齢期になってみるととてもそんな経済的なゆとりがないという現実を目の当たりにしているという男性の悩みもあるのです。

出産を女性が担うので、男性に経済力がないと結婚は難しいと思う人は多く、それが結婚に踏み出せないという理由になっているようです。

■もう少し独身生活を楽しみたい

そのうち結婚をしようと思ってはいるけれども、もう少し独身生活を楽しみたいという人もいます。
もう少しいろんな女性とお付き合いしてから、結婚にぴったりの人を見つけたいという思いなどがその心理の奥にはある人もいます。

また、結婚をしたことで出てくる制約などを窮屈に感じる人もいて、ある程度の経済力はあるものの、もう少し一人の時間を楽しみたいという男性が適齢期なのに結婚したくなという人にいるといわれます。

■理想にぴったりの女性がいない

もう少し独身生活を楽しみたいという男性と似ていますが、将来は結婚して子どもをもちたいと思っているけれど、この女性と結婚したいというインスピレーションを感じる女性に出会えず、結婚は考えていないという人です。

出会いがなくてずるずると時間が流れていつのまにか適齢期になっていたという人に多いかもしれません。

容姿がよく、優しくて、気配りができて賢くて、料理が上手といった理想の女性像がかなり明確にあるため、そのような女性に出会えるまでは結婚は考えられないといったように、あまり妥協をしない人なのかもしれません。

しかし、理想の女性に出会えた場合には、あっという間に結婚してしまいそうな人ともいえます。
彼女は一応いるけれども、一生を添い遂げたいという女性でもなく、出会いがないという理由でそのまま彼女との交際をずるずると続けているのかもしれません。
結婚は現在のところ考えていないという人といえます。

■結婚に対して慎重すぎて結婚に二の足を踏んでしまう

付き合っている相手もいて、交際も順調だけれども、結婚に対して慎重になりすぎているという人も適齢期に結婚をしない人が多いといえます。
結婚はまだ早いと思っていたり、もう少しお互いのことを知ってから結婚をと考えていたり、仕事できちんと認められてから結婚を考えたいと考える人が多いようです。

まとめのことば

そろそろ適齢期なのに結婚をしたくないという男性の理由にはいろいろあって、経済的な理由や、独身貴族としての生活を今は楽しみたいという人や、理想の相手に出会わないという人、結婚に慎重になりすぎる人などがいるといえます。

関連するまとめ

【結婚指輪】!婚約指輪と結婚指輪の違いって?

婚約指輪と結婚指輪の違いって知ってますか?

midorimushi

癒してあげたい♪彼が早く帰りたくなるおうちって?

おうちを整えて一日働いてくれた彼を迎えるのは女の仕事です。彼を癒すことのできる空間づくりについてまとめました…

flower

【彼女いない歴=年齢】祝!卒業!!その方法

ずっと彼女がいないあなた! 早く卒業したいと思いませんか?! 待ってたって彼女は降ってきませんよ!

百獣の王

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング