なぜ糖尿病で眼に病気が起こるのか?

糖尿病は血液中の糖濃度(血糖値)が高い状態になりやすくなる病気です。

血管は高い濃度の糖に長期間さらされると、もろくなったり、変形して血液の流れが悪くなります。

その結果、細い血管が集まっている眼などに重大な障害(糖尿病網膜症)が起こります。

糖尿病網膜症は、他の糖尿病合併症と同様に初期にはほとんどが無症状ですが、病気の進行に伴って、さまざまな程度の視力障害が起こります。

放っておくと最終的には失明に至ることもあり、成人の失明原因の第2位、働き盛り世代では第1位となっています。

糖尿病網膜症になると、すぐにものが見えにくくなるのですか?

糖尿病網膜症は、進行度によって、単純網膜症、増殖前網膜症、増殖網膜症の3段階に分けられ、かなり進行するまで自覚症状がほとんどありません。

見え方に異常を感じるようであれば、かなり進行している可能性もあり、治療を開始しても回復が難しくなることがありますので、一度の検査で「異常がない」と言われても定期的な眼科受診で症状があらわれる前に眼の病気を見つけることが重要です。

糖尿病網膜症の治療法は進歩しており、早期に発見されれば失明が予防できるようになってきています。

もう一つの眼の病気「糖尿病王黄斑浮腫」

網膜には、ものの見え方をつかさどる黄斑部があります。

糖尿病黄斑浮腫は糖尿病網膜症の合併症としてこの「黄斑」という部分が腫れる病気です。

黄斑に異常が発生すると、たとえ、網膜症の初期の段階でも、視力障碍が起こります。

もし、ふだんの生活で見え方に異常を感じたら、すぐに眼科を受診しましょう。

 糖尿病網膜症も黄斑の浮腫も早期に発見して、早期に適切な治療を行えば、視力障害を防ぐことができます。

どちらも自覚症状があらわれる前に治療を行うことができれば、生活に支障をきたさずにすみますし、良好な視力を維持することができます。

そのためには、眼科での定期的な検査が重要です。

検査の間隔は、あなたの眼の状態によって異なりますので、眼科医の指示に従って定期的に眼科を受診しましょう。

関連するまとめ

ボディミストの良い香りで周りの人も自分も幸せになりましょう

香水よりもボディクリームよりも軽い付け心地でふわっとした香りを楽しめちゃうのがボディミストです。最近ではすご…

rrra

自宅で出来る!かぼちゃを使った簡単エステの方法

食べても美味しいかぼちゃは、エステにだって使えます。そんなかぼちゃを使った、簡単エステの方法をご紹介します。

モテるギャップは「眼鏡」で演出!メガネの魅力を出すメイク術をご紹介します!

たまにかけると絶大なモテのギャップ効果を発揮するメガネですが、眼鏡の時のメイクっていつも通りでいいの?そんな…

rrra

関連するキーワード

CHIE

いろいろな知識・知恵をまとめていきます!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング