第1巻

闘将!!拉麺男のストーリーをさらう面では最初に読んだほうがいいのですが、この作品は序盤が一話完結や二話程度で終わるように出来ており、ほかの巻から読み始めてもあまり問題はありません。「正義のある限り太陽はのぼる」という名台詞が入った話が収録されています。

第2巻

死んだはずの敵が何事もなかったかのように蘇ってストーリーに絡んでくる闘将!!拉麺男の凄みがわかってくる巻です。宿敵・玉王一家が登場するのはこの巻からです。

第3巻

ラーメンマンの必殺技「猛虎百歩拳」が登場する巻です。この技を習得するためのラーメンマンの奇想天外な特訓シーンも大変見応えがあります。巨大な悪いラーメンマンやハンググライダーを使って襲いかかる敵との闘いも見どころです。

第4巻

連載中の人気投票で二位になったキャラクター傷刻牢犬操の初登場巻でエキセントリックさと職務への忠実さには驚かされます。ラーメンマンが記憶を失いホオジロザメと闘うシーンは見ものです

第5巻

この巻は闘将!!拉麺男の魅力を凝縮したような一冊で、1ページを一枚の絵として使ったシーンや見開きによる迫力あるシーンやが印象的です。昔の中国を舞台にしたと言いながらもコンピューター技術・クローン人間の技術などが登場します。ラーメンマンの仲間たちと宿敵もすべて登場する巻です。また、作中で最もインパクトの有る技「覇王一本杭」が登場するのもこの5巻です。

第6巻~9巻

この巻から「生命の石争奪・竜神御前試合」の連続したストーリーになります。ラーメンマンの戦いはもちろん、大きくクローズアップされる仲間たちの闘いも見どころです。7巻では作中最強生物のアルマジロが登場します。

10巻・11巻

ラーメンマンのクローン人間のラーメンマンランボーの誕生や闘いがメインです。奇想天外なクローン人間の製造過程やラーメンマンの新技など見どころが多いです。

11巻後半12巻

皇帝お守役選定トーナメントでストーリーが進みます。ここで未完となっているところが大変残念ですが最後のページまで迫力ある描写が続きます。

関連するまとめ

共演者は凍死寸前!

共演者は凍死寸前! 中居正広、「ナカイの窓」での悪ふざけに 「不快」の声。。。

徳川埋蔵金のありかの真実!! 実は・・・・

信じるか信じないかはアナタしだい。

flower

TRANCE(トランス) パート1

音楽ジャンル TRANCE(トランス) 歴史のchieまとめ

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング