連休は、東北でノンビリ過ごす家族が増加しています

大型連休は、家族、友人、恋人達と行楽地へ出かける人が多くなります。
人気の観光地から、テーマパークなどは、多くの人で盛り上がります。
それぞれの地域は、見所があり施設が充実した観光地も魅力的です。
しかし、近年、意外な穴場として東北地方が人気を集めています。
青森県弘前、黒石エリアは、昨年と比べて約1.5倍の人が増加、八甲田、奥入瀬、十和田湖周辺エリアも約1.5倍伸びています。
理由として、東北エリアの自然、風景、桜などを目的に訪れていると思われます。
中でも、桜が満開の時期がゴールデンウィークと重なるケースもあり、観光客は桜が多いエリアとしてノンビリ見に行きたいようです。

伊勢神宮は、他府県から訪れる観光客でいっぱい

ゴールデンウィークは、京都へ訪れる観光客は多く定番エリアになります。
しかし、三重県も観光名所、スポットに人気があり、計画を立てる人は多いです。
三重と言えば、伊勢神宮があり志摩ラインは修学旅行に選ばれる観光地です。
海岸沿いで心をいあやすのも良し、伊勢神宮で文化、歴史を拝見するのもオススメです。
また、伊勢市と鳥羽市を結ぶ国道、伊勢二見鳥羽ラインが無料になったため車の利用がしやすくなりました。
伊勢で名物の赤福餅もちを買い、宿泊を志摩で行うのが大型連休の楽しみ方です。

お金があれば、沖縄旅行をして夏気分を味わおう

沖縄は、ゴールデンウィーク頃は、半袖で過ごせる気候であり夏気分を味わえます。
人気の観光地として沖縄へ足を運ぶ人も多く、初めて行く人が増えています。
見所は、那覇市を中心とした独特の市街地から、海に囲まれた自然豊かな街並みです。
沖縄へ飛行機で行き、現地でレンタカーを借りて観光を楽しむ人は多いです。
また、マリンスポーツを楽しむため、沖縄を選ぶ人も多くいます。
スキューバーダイビング、ボート、サーフィンなど、体験出来る施設も充実しています。
海岸沿いには、観光宿泊所も多くあり温泉、プール付きなど夏を先取りした旅行が満喫できます。

まとめ

ゴールデンウィークは、定番の観光地も良いですが、穴場スポットや思い出に残る遠方へ出かけて欲しいです。
東北や沖縄は、季節を感じれるエリアであり、見所も多くあります。
計画から目的場所を決めて、楽しみ満足できた大型連休にしてみましょう。

関連するまとめ

【大自然】知っておいて損なし!日本の三大急流・清流まとめ

日本国内には大小たくさんの川が流れております。 その中の三大急流と三大清流をまとめました!

日本大好き

ゴールデンウィークは孤島に行ってのんびりしませんか

ゴールデンウィーはどこへ行っても混んでいるものですが、世界にはのんびりと過ごすことの出来る孤島があります。そ…

あり

大人も子どもも楽しめる!2017年のハロウィンイベント情報in東京

2017年に東京で開催されるハロウィンイベント情報をまとめました。子ども向けや大人向けなど、様々な年代をター…

筆人

ボニー

よろしくお願いいたします。

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング