天鳳・天鳳位とは?

天鳳は登録人数390万人を誇る国内最大のインターネット麻雀対戦サイトです。

ゲームセンターでみられるような過度なエフェクトは抑えられているものの、純粋に麻雀の強さのみを競える場所という魅力によって市場を席巻しました。

天鳳では勝敗を積み重ねることで、自分の強さが段級位として示されます。

10級から始まり、段位は十段まで、その上にあるのが最上位である天鳳位――という階級社会になっているのです。

天鳳では、10級から1級までは一般卓、初段~三段までは上卓、四段~六段は特上卓、七段以上は鳳凰卓――という強さによるグループ分けがされています。

この中で最上卓である鳳凰卓で打てるということはステータスとされており、辿り着くだけで実力はプロ級だと言われています。

そして、その鳳凰卓をも極めた者が天鳳位になるのですが、なるためには異常とも言えるハードルを越えなければなりません。

天鳳では上に行けば行くほど、昇段への条件が厳しいものになっていき、天鳳位に上がるための坂道は90度を超えると言われています。

その坂道を二度登り切ったのがAPAPINという若者だったのです。

ASAPINの強さ

天鳳の世界は完全にネット上で完結します。

また、麻雀という競技にはリアルで試合を行うプロ団体も複数存在しており、スターも多く誕生しています。

そこで問われるのは「結局、ネットの世界の話じゃないか」ということです。

ネット麻雀を馬鹿にしたような態度をとるプロ雀士も少なくありません。

では、麻雀の強さというのは一体何なのでしょうか?

麻雀は将棋や囲碁とは異なり、短期対戦のかなりにおいて「運」が左右するゲームです。

それは麻雀が本質的に「確率」のやりとりをするゲームだからでしょう。。

実力3割・運7割と言われたりするのもそのせいです。

ただ、この不確定性が、一局の戦いにおいては素人でもプロ相手に圧勝する可能性があり、エンターテイメント競技として人気がある秘密でもあります。

じゃあ、実力なんてまともに測れないではないか――という声が聞こえてきそうです。

でも大丈夫です。確率競技の世界で実力を測るためには、膨大な数の試行を行えばよいのです。これを大数の法則と言います。

なんか、統計学とか物理学のような話になってしまいましたね。

プロのリーグ戦などでは多くて100戦程度の結果で、優勝者を決定します。

100戦程度なら、その時に運がよかった人が勝つということが多くみられるでしょう。

しかし、天鳳の世界には試合数の制限がありません。

天鳳位になるまで最低でも3000試合、多くて3万試合以上をこなすようなケースもみられまするのです。

天鳳位は数学によってまず強さが裏付けられているのです。

関連するまとめ

子供と一緒に楽しめるソウルの無料観光スポット

明洞でショッピング、南大門市場で食べ歩き、カロスキルでおしゃれなティータイム。ソウルには観光を楽しむスポット…

大阪のみさぽ

けものフレンズ 第11話「せるりあん」の登場動物が見れる動物園をピックアップ!

けものフレンズ 第11話「せるりあん」の登場動物が見れる動物園をピックアップしてご紹介します。

動物の森

スマホゲーム「ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス」の紹介です

人気ゲームメーカースクウェア・エニックスが送るスマートフォン向けRPG「ファイナルファンタジーブレイブエクス…

世界の雑学王

関連するキーワード

つくくん

できるだけ皆さんに役立つ知恵をまとめていきたいと思っています!
よろしくお願いします

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング