大学の学費ともなれば、実際、家計に大きな負担を変える事は間違いないかと思います。

高校までの学費は、何とか捻出する事ができた家庭も大学になった途端、もう、どうすれば良いのかわからないと言う事も…。

大学受験の場合、ギリギリまで入試に振り回され、めでたく合格すれば、すぐに入学金の支払いなどが必要になる為、事前に準備をしておく事が大切です。

大学4年間で必要なお金

大学の学費の場合、国公立か私立か。また、文系か理系か医学部・薬学部か。

その上で、自宅通いか下宿かによって、本当に大きく違ってきます。

高校の公立、私立との違いとは比べものにもならないほどです。

その中でも国公立、自宅通いが一番安い学費となり4年間で450万円ほどと言われています。

いくら安いと言っても数字を見ればわかるように大金です。

反対に高い学費で計算した場合は、私立理系下宿となり4年間で1400万円近い費用が必要だと言われています。

その他、6年間通う事が必要な医学部や薬学部の場合は、これ以上の費用が必要になってきます。

学費の準備の仕方 学資保険

ここ数年、多くの学生が使用している奨学金。

無利子のものと有利子のものがあり、ほとんどの人の場合、有利子の奨学金に利用になります。

奨学金の場合、基本的に借主は保護者ではなく学生自信となります。

その為、返済は卒業後となっています。

しかし、この奨学金。ニュースでも取り扱われている事が多いように安易に借りると非常に危険なものです。

返済期間も非常に長く、その間に結婚や出産し環境が大きく変わってしまう事も十分に考えられます。

その事を知ったうえで、検討する必要のあるものになっています。

奨学金と同じようの教育ローンと言うものを銀行などで借りる事も可能です。

この場合は、借主は保護者となり返済義務は保護者にあります。

学費の準備の仕方 貯金と贈与

大学の学費確保として最も理想的なのが貯金で賄う方法です。

もちろん、4年間にかかる学費すべてを貯金しておく必要はありません。

理想は子供一人に対し最低でも200万円。

出来れば300万円ほど貯金しておく事で、残りの学費をボーナスなどで補う事が出来ると言われています。

関連するまとめ

赤ちゃんの下痢、放っておいて大丈夫?赤ちゃんの危険な下痢とは?

赤ちゃんの消化器官は、まだまだ未熟でちょっとしたことでも下痢になりがちです。 その原因も様々で、母乳やミルク…

暮らし生活の知恵

子どもの学習に対する意欲を高めるコツ3つ

昨今では学習指導要領の改訂に伴い、子どもの学習の量、質ともに多くなってきています。その中で子どもの学習に対す…

リカ

あれ?? 漏れてる…! 初めての〖オムツ交換〗で大変だったこと6つ

初めてのオムツ交換、ちゃんとできるか心配ですね。世間の人はうまくできているのに、なんで?うまくできないのはも…

関連するキーワード

暮らし生活の知恵

日々の生活や暮らしていく上で大切な知恵をまとめていきます!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング