近日、ネットで目にする妊娠出産のニュースを読むと

ジャネットジャクソンさんが50歳で出産、

女優の加藤貴子さんが46歳で妊娠公表など、

芸能界でも30代後半から40代で出産される方がかなり増えていると感じます。

かくいう私も、長男を35歳、次男を38歳で出産、立派に高齢出産した母です。

先日、学生時代の友人に何十年ぶりに再会しました。

彼女は23歳で若く美しい花嫁となり、盛大な結婚式をあげ、その後幸せに暮らしていたとばかり思っていたのですが、紆余曲折あり、再婚したばかりの新婚さんでした。

「子供がほしくて、今、妊活中なの。」彼女の口から出た予想外の言葉に、内心焦りながら、「そうなんだ。妊活、大変でしょ。」

というのが精いっぱいでした。私と彼女、ともに46歳。

まさか、妊活中とは思っていなかったので、軽々しく頑張ってね言える年齢でもありません。

ともすると、孫だっている年齢ですから。

しかし、女性としては何歳であったとしても、自分と愛する人の子供がほしいと願う気持ちは痛いほど分かるので、

「もう子供は諦めた方がいいんじゃない?」という酷な言葉を発することはできませんでした。

親友なら酷な言葉でも言うべきじゃないかと思われる方もいると思いますが、

私は彼女の子供がほしいと願う強い気持ちが胸に突き刺さってしまって、

否定的な言葉は一切言えませんでした。

ましてや、出産はゴールではなくて、スタートで、子育ては延々と続き、

「体力の限界です!」と言って引退したい気持ちに何度もなるけど、いったん母になったら、絶対に母はやめられないだということを、口にすることもできませんでした。

その後の数時間は、子供についての話は、どれもこれも子供がいる優越感に浸った言葉に聞こえてしまいそうで、ただただ、子供以外の話題に変えることに必死になってしまいました。

子供を産みたい気持ちを諦めること、何歳ならできますか?

正解なんてない。自身が納得するしかない。

それが答えではないでしょうか。

また、別の友人は40歳で、もう一人は43歳で、出産をしてました。

妊娠まで、出産当日、産後、大変な話を沢山聞きましたが、子供を出産できたことで、

それら大変なことは全て帳消しになってしまうほど、今、彼女たちは忙しいながら、幸せそうです。

彼女たちは、40歳を過ぎても出産をあきらめなかった。

医学的には、個人差はあるとは言え、確実に35歳を境に妊娠がしずらい状態になると言われています。

でも、子供のいない女性の産みたい気持ちは、35歳から強くなってくるのです。

どうにか、医学の発展により、産みたいと思う気持ちと産める体と環境が一致して、多くの幸せな母が増えることを切に願います。

そして、望みながらも子宝に恵まれなかったとしても、決して自分を責めることなく、どうか頑張った自分を褒めて認めて、前に進んでほしいと思います。

関連するまとめ

我が子が不登校に!そんな時どうしたらいいの?

子どもが不登校になってしまった時どうすればいいか?親として子どもにしてあげられることは何なのかお教えします。

リカ

国公立大学偏差値ランキング

国公立大学の偏差値ランキングをご紹介します。 参考になれば幸いです。

オトコのミカタ

入学準備におしゃれママさんがやるネームタグの激かわアイデア【入園・入学】

入学、入園準備で大変なのはものを揃えた後に名前入れをすることじゃないでしょうか? おしゃれにセンスが光る名前…

h_t

あり

為になる記事をご提供させていただきます。
因みにハンバーグが大好きです♡

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング