伊勢以外ではあまり味わう機会のない、地元の名物料理を3つ選んで紹介します。

好みが分かれる!?伊勢名物の伊勢うどん

伊勢名物として知られている食べ物の一つが伊勢うどんです。

伊勢神宮の門前町に行くと伊勢うどんのお店が何軒も立ち並んでいます。

伊勢うどんは一般的な腰のあるうどんではなく、太くて柔らかい食感のふわふわした麺に真っ黒いたまり醤油がかかっている料理です。

具はネギがのっている程度のシンプルなうどんです。

伊勢うどんは人によって好みが分かれ、好きな人と嫌いな人にはっきりと分かれる傾向がある食べ物です。

しかし、お伊勢参りで長距離を歩く際、伊勢うどんならば、お腹がもたれることもないので、旅行の際に食べるにはぴったりの料理です。

伊勢界隈のお土産屋さんにも大抵は置いてありますが、最近は伊勢うどんの知名度と人気も上がってきたため、都会の百貨店やネット通販などでも気軽に買うことができるようになりました。

伝統の漁師料理・手こね寿司

もうひとつの伊勢名物が、カツオやマグロの刺し身をちらし寿司風に調理した手こね寿司です。

伊勢の近くの志摩地方では、海側は太平洋に面しているため、カツオやマグロの良い漁場となっています。

この地元で水揚げされた新鮮な魚をタレに浸して、寿司飯の上にのせたものが手こね寿司です。

もともとは、漁師の人が漁の合間に、船の上でさっと食べられるように考案された料理です。

手こね寿司は調理法がシンプルなため、自宅でも簡単に作ることができます。

でも、一度ぐらいは桶に入った本場の手こね寿司を味わっておきたいものです。

伊勢の手こね寿司は、寿司屋だけではなく、普通の定食屋などでも気軽に食べられる料理となっています。

伊勢を代表する銘菓・赤福餅

最後に、伊勢グルメといえば多くの人の頭に浮かぶのが、赤福餅です。

赤福餅は伊勢にお店が何店舗もあって、お店の中でお茶と一緒に食べられる仕組みになっています。

古風な雰囲気のお店の中で食べる赤福餅は格別の味わいがあります。

関連するまとめ

謎大き国、北朝鮮の首都・平壌のおさえておきたい観光スポット3選

近くて遠い国、閉鎖的な社会主義国家には独特の風情があります。 恐い国のイメージを覆す、明るくて楽天的な人々や…

旅人

あなたの知らない秘境!!ブラジル・ボニート。

世界にはまだまだ知られていない自然が残っています。 ブラジルのボニートという町についてまとめてみました。

gmkchoko

ここがヘンだよ日本人と思われてる所と日本人がヘンと思う外国人の習慣

日本人をみてどうして?と思う事がたくさんあるようです。日本人も外国人をみて不思議に思うことがあります。 外国…

haradasatomi

関連するキーワード

旅人

旅行・観光関係についてまとめていきたいと思っています!
よろしくお願いします!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング