小学校低学年までは、子供の勉強を親が見るのは当たり前?

低学年、特に小学校に入学したばかりの子供の宿題は主に親も参加するようなものが多くなっています。

例えば、音読の宿題をする際、親が感想を明記する場合や算数の宿題の丸付けなども親が行う事が多くなっています。

そのように子供の宿題に親が寄り添う事で、子供が安心して宿題や勉強を行う環境を整える事が可能になります。

その為、この時期の子供の場合、親が子供の勉強を見るのは当たり前と言ってもいいかと思います。

親が宿題を確認する事で、毎日、宿題を行う生活ペースを作る事ができ、その後の学習意識にも大きな影響を与えると言えます。

小学校高学年になれば、少し離れた環境作りを!

小学生の高学年ともなれば、少しばかり反抗期を迎える子供も少なくありません。

また、勉強は低学年の時とは違い、より一層、難しくなっていきます。

このような時期の場合、一から十まで口うるさく勉強に付いて口出しをしてしまうと子供によっては反抗し、勉強をしなくなってしまう事も十分に考えられます。

その為、ほどよい距離を保ちながら見守ると言った事も必要です。

宿題にいては、声掛けのみ行い後は自分で行わせるようにします。

ただし、だからと言って、声掛けだけで知らんぷりではいけません。

後から宿題の確認をするほか、分からない事があればいつでも教えてあげると言った環境作りを親の方から積極的に行う事が大切です。

そうする事で、必要な時に子供は自然と親に頼り質問してくる、そんな環境を整える事ができてきます。

本格的に勉強が大変になる中学生場合は?

中学生になれば小学生の時とは違い、中間テスト、期末テストと言ったテストが行われるようになります。

その為、そのテストに向けたテスト勉強も必要になってくるのです。

小学生の間、宿題しかしてこなかったような子供でも、必然的に勉強しなければならない環境になってきます。

そんな時、初めてで何をどのように勉強すれば良いのかわからなく困っているようなら、自分の経験を子供に伝え、テスト勉強方法を教えてあげるといいかと思います。

勉強の仕方を教えてあげるだけでも、子供はグンと成績を伸ばす事が可能になります。

この時期の子供は、親に口出しされる事を非常に拒む時期でもあります。

その為、多くの事を口にせず、常に受け身の体勢で子供の勉強を見守る事も大切です。

高校生にもなれば、完全放置でも大丈夫?

高校生にもなれば基本的に親の出番はないと言っていいかと思います。

とは言っても、完全に放置するのではなく、困っている事があれば相談にのると言った事は常に伝えておく事が大切です。

また、大学受験を考えるならば、一緒に大学選びを行う他、塾などの情報も親として積極的に行う事も大切です。

まとめ

以上が子供の勉強に対する親のスタンスになります。

とは言っても、子供の性格によって親が見極め、勉強に寄り添っていく事が一番大切な事になります。

関連するまとめ

生きているところを見たかった?絶滅した巨大生物

地球上では数々の生物が誕生し、滅んできました。今では実物を見ることができない巨大生物を紹介します。

sai

焦らずゆっくり!子どものペースで始めるお箸トレーニング

焦らずゆっくり!子どものペースで始めるお箸トレーニング! どの時期には始めればよいのかご紹介いたします!

暮らし生活の知恵

東京女学館小学校 願書 小学校情報お受験編

2017年東京女学館小学校。願書をコピーしてお使い下さい。小学校情報お受験編

sora2400

関連するキーワード

あり

為になる記事をご提供させていただきます。
因みにハンバーグが大好きです♡

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング