【或る列車とは】

1906年に、「九州鉄道」がアメリカのブリル社に発注していた「九州鉄道ブリル客車」で、通称名が「或る列車」です。

九州鉄道が国有化されたため、活躍することができなかった、豪華客車が再現され蘇りました。

世界的な鉄道模型の神様と言われ、鉄道を最も愛した、故原信太郎氏が作成した模型。

これを元に、原鉄道模型博物館の副館長でもある原健人氏の協力もあって、設計・デザインがなされています。

「ななつ星in九州」で話題のクルーズトレインに次ぐラグジュアリーな空間になっています。

【SWEET TRAINを手掛けているオーナーシェフとは、どんな人物?】

成澤由浩氏は、東京の南青山で「NARISAWA」というレストランのオーナーでもあります。今回、JRKYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」のプロジェクトでは、担当プロデューサーとして、スイーツコースを担当されており、レシピを考案しています。調理クルーへの指導、食器から食材選び等をされています。

【列車に入ってびっくり!!】

今までの列車では、味合うことができない、木のぬくもりがあります。

そして、床から天井までロマンチックな色合いで細かい所まで楽しめます。

また、奥の2号車には、2名の個室があります。

ここの、個室には組子の技術が施された扉があり、

とてもシックで大人の雰囲気が楽しめます。

【スイーツのコースって、どんな食事?】

初めに、前菜でキッシュや、サラダ、地鶏が出ました。量は少しずつですが、手が込んでいて本当に美味しいです。その後は、デザートが8種類出てきました。どれも食材は九州で採れたものを使用しています。新鮮さも勿論ですが、普段食べることはないようなフルーツが添えられていたり、。目でも楽しめさせて頂きました。デザートですが甘すぎないので、いくらでも食べれてしまいます。フリードリンクで、ワイン、コーヒー、紅茶、日向夏ジュース等が楽しめます。

【まとめのことば】

テレビで紹介されていたこともあり、前から乗ってみたいなと思っていました。

普段の生活では、味わえない高級感があり、美味しいスイーツが食べれたことは、一生の思い出です。

JRKYUSHU SWEET TRAIN「或る列車」佐賀コースツアーとトレインハンターズ九州 2016/11/23

出典:YouTube

関連するまとめ

いま再燃!懐かしいチェキが人気の理由って?

昔とても流行した、インスタントカメラ。実はいま人気を復調しているワケについてまとめました。

大阪のみさぽ

ラップなのに感動してしまう魅力がある歌!

軽快な口調とノリの良いリズムが特徴的なラップですが、 実はこれまでのラップの歌でも感動的な歌がいっぱいありま…

taro

相模原でトランポリンするならグラビティゼロ

神奈川県は相模原市にあるトランポリン場グラビティゼロのご紹介。

moepapa

あり

為になる記事をご提供させていただきます。
因みにハンバーグが大好きです♡

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング