ケンカになってしまう

会うといつもケンカ、という場合、ケンカは恋愛がうまく行かない原因の一つといえます。

合った時にいつもケンカなら、ケンカをするために会うようなものです。

そんな時はむしろ会わない方がいいのかもしれませんよね。

ケンカになってしまうのはなぜかということを客観的に見つめ直してみた時、

考え方によりますが、価値観が合わないということもあるのかもしれません。

でも、お互いの価値観が一致しないのでケンカになると考えるのは簡単です。

しかし、どうしてケンカをしているのかということを落ち着いて見つめてみましょう。

もしかしたら、誤解があるのかもしれません。

しばらく冷静になってみて、その人の視点で物事を考えてみると、

なぜ恋人がそのような態度を取っているのかが分かるのかもしれません。

タイミングが悪いのかもしれない

もしかしたら、会うべきタイミングでない時に会っているのかもしれません。

そんな時は、ほんのちょっとしたことが契機になって、深刻な事態に発展していってしまうかもしれません。

もし、ケンカが続いていて、そのことがストレスになっているなら、ケンカが起こりやすい状態といえます。

少し距離や時間をおいてみることで心に余裕ができて、お互いを理解し合うことができるようになるまで少しの間、

お互いに離れてみるのも一つかもしれません。

相手に原因があると思ってしまう

人はどうしても自分に甘くなりがちです。

そして、グレーゾーンなら、できるだけ自分が悪いと認めたがらないことが多いのではないでしょうか。

けれども、上手くいかない原因が相手にあると思ってしまうと、上京を改善することがとても難しくなってしまいます。

全ての原因が自分にあったり、相手に会ったりということはなく、現実的にはお互いに悪い部分もあり、よい部分もあるのです。

そのため、100%相手に譲歩を求めるのでは、相手も防御に出ざるを得ません。

自分に全く非がないと思うのであれば、その相手に非をもたらした原因は自分のどこにあるのかということを、

客観的に探ってみることも時に必要かもしれません。

過去の恋愛から学んでいないのかも

過去に恋愛が上手くいかないことがあったという場合には、その時の経験がいかせていないのかもしれません。

根本的なところが変わっていなければ、いつも同じところで恋愛がうまくいかないということもあるといえます。

そのため、いつも同じところで恋愛がうまくいかないという場合、それはなぜなのかということを知る努力をしてみましょう。

自分の触れられたくない部分にメスを入れるようなものなので、つらいのかもしれません。

しかし、同じことを繰り返す方がよりつらいのです。

しっかり向き合って乗り越えて次に進みたいですよね。

それが何なのかを明確にして、どうして現在そのような問題が起こっているのかということを客観視することも必要といえます。

まとめのことば

恋愛がうまくいかない時、客観的になるのは簡単なことではないかもしれません。

しかし、ケンカばかりになるという場合、少し距離を置いて自分自身と向き合ってみるのがいいかもしれません。

関連するまとめ

もっとデートを楽しくしたい!3つの方法とポイント

せっかくのデートだから、もう少し工夫したいなと思うことがあるでしょう。 そんな方法3つをまとめてみました。

青い彗星

地味でいいんです!地味なのになぜかモテる女性の秘密

地味なのになぜかモテる女性。そんな女性の、男性から見た魅力についてまとめました。

あり

恋するあなたに!LINEのスタンプ&顔文字テクニック

LINEって、気になる人にも気軽にメッセージが送れるから本当に便利なツールです。しかし、それだけ門戸が広く、…

ペニー

あり

為になる記事をご提供させていただきます。
因みにハンバーグが大好きです♡

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング