多くの女性たちを長い期間苦しめる、月経前症候群(PMS)。

この辛いPMSの症状を解決したいとピルや薬に頼ってしまう方も多いようですね。

しかし、薬に頼り続けるのはとても負担が大きくなるべく避けたいですよね。

実は、わたしたちの脳の中にあるセロトニンという物質がPMSの痛みや症状の改善に効果的とされているのをご存知でしたか?

セロトニンとは?

セロトニンは、体や心を興奮状態へ導くノルアドレナリンやドーパミンを抑え、体や心を落ち着けてくれる脳内の伝達物質です。

セロトニンを合成、伝達、分泌しているのがセロトニン神経系。セロトニンをつかさどるセロトニン神経がスムーズでないと、セロトニンが減少してしまいます。

セロトニンの効果って?

セロトニンが増えると、頭がスッキリとした状態になります。

また、平常心を保たせたり、情緒が乱れたりするのを予防する働きがあります。

体の痛みを無くすのではなく感じにくくする作用もあります。

セロトニンか減ると?

精神的なバランスが悪くなりやすくなることがあり、イライラしたり怒りやすくなったり、うつ状態にもなりやすいとされています。

また自律神経の乱れにより、肩コリや首コリなども起こりやすくなります。

PMSにどう影響する?

PMSになる女性はセロトニンが減少しやすくなっています。

原因は女性ホルモンのホルモンバランスの変化にあります。

その一つには黄体ホルモンです。

この黄体ホルモンは、妊娠を促す作用があり、受精卵が子宮内膜に着床したり、妊娠が維持されやすくなります。

しかし、黄体ホルモンが増加することにより、セロトニンが急激に低下してしまうのです。

また、もう一つの原因は卵胞ホルモンです。

卵胞ホルモンは、セロトニンの分泌を促進してくれますそのため、卵胞ホルモンが出にくくなるPMS期間中は、セロトニンが減少しやすいのです。

PMSの体や心の不調に対してセロトニンは麻酔のような鎮静効果があるとされています。

痛みやイライラなどを感じにくくしてくれるのです。

セロトニンの分泌には、安眠やリフレッシュ、リラックス状態を作り出すことが不可欠です。

関連するまとめ

どうしても我慢できないダイエット中の空腹に。食べても許されるおやつ3選

もうすぐ夏本番。 身軽になる夏に向けて体を絞っている人が多いのではないでしょうか? ダイエットにめげてしまい…

なおさん

ダイエット中におススメしたいささみレシピ

ダイエット中はカロリーのある肉は避けたいものです。でも、お肉が食べたい時もありますよね。そこで、ローカロリー…

リカ

ダイエット中食べたくなった時必見!食べたい衝動はこう乗り切る!

ダイエット中に起こりがちな食べたい欲求に駆られたときの対処についてまとめています。

マトリックス

関連するキーワード

女性の味方

女性の気になる美容情報やファッション情報や料理・グルメ系の情報をまとめています♪
あなたの気になるあの情報が見つかるかも!?どうぞよろしくお願いします!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング