関西地方には、古来より名湯として知られる3つの温泉があります。3つの温泉とは、兵庫県の有馬温泉と城崎温泉、和歌山県の白浜温泉を指します。そこでこれから、この3つの温泉の魅力について解説していきたいと思います。

泉質が異なる2つの湯を有する有馬温泉

有馬温泉は兵庫県の神戸市にあって、観光地として知られる六甲山の裏側にあります。そのため、六甲山の観光と合わせて来訪する旅行者が多い温泉地です。
有馬温泉の特徴は金泉と銀泉という二つの温泉があることです。金泉というのは赤褐色の色づいたお湯のことで、有馬温泉独特の泉質となっています。銀泉の方は透明のお湯で、普通の温泉とよく似ています。
このように一つの場所で二つの温泉を楽しめるというのが、有馬温泉の大きな魅力となっています。
それ以外に、炭酸泉も噴出していて、これを飲用できる泉源も整備されています。
また、観光としても、鼓ヶ滝やマス釣り場などがあって、一日中散策しても退屈しないスポットとなっています。

7つの外湯巡りが楽しい城崎温泉

城崎温泉は兵庫県の日本海側の海の近くにある温泉地です。文豪の志賀直哉が紹介したことでも知られています。温泉街の中心には大谿川が流れていて、川べりに柳の並木がある光景が写真などでよく紹介されています。城崎温泉の特徴としては七つもの外湯があることです。外湯というのは公衆浴場のようなもので、これを全部回ることで、城崎温泉の魅力を満喫することができます。また、日本海の近くなのでシーズンになると、カニ料理が名物のグルメとして登場します。

観光スポットもたくさんのリゾート地・白浜温泉

和歌山県の南部にある白浜温泉は、観光スポットの多いリゾート地として、年中旅行者の姿が絶えません。断崖絶壁で知られる三段壁や巨大な岩の塊が印象的な千畳敷、そして綺麗に整備されている白良浜などの景勝地に恵まれています。また、京都大学の白浜水族館やパンダがいることで知られるサファリパークのアドベンチャーワールドもあって、動物好きにはたまらないスポットとなっています。
白浜温泉に関しては、まず、夏の海水浴シーズンには砂浜の中にある温泉に水着のままで入ることができます。また、日帰りで利用できる共同浴場もいくつかあり、中には露天風呂の共同浴場もあります。食べ物もこの地方は海の幸や山の幸に恵まれているところなので、美味しいグルメには不自由しないエリアです。

関連するまとめ

【6月8日】今日は何の日?世界海洋デー(ワールドオーシャンズデイ)

6月8日は世界海洋デー(ワールドオーシャンズデイ)です。 世界海洋デーについてご紹介します。

イベント日和

中国南部へ旅行なら是非行っておきたい東莞市

中国南部といえば食の都広州ですが、今は広州と深圳の中間にある都市「東莞市」のおすすめスポットをまとめました。

あり

品川区の温泉なら二つの天然温泉が楽しめる「武蔵小山温泉 清水湯」がおすすめ!

品川区の二つの天然温泉が楽しめる「武蔵小山温泉 清水湯」についてご紹介します。

旅人

関連するキーワード

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング