若さとキレイのヒミツ、コラーゲン。上手に摂り続けるには!?

女性はいつまでも、若々しくキレイでいたいものです。

それには、毎日のケアが欠かせません。

化粧水や美容液などにコラーゲンが配合されていると、なんだかキレイになりそう!なんて思っちゃいますよね。

私たちのカラダの20~30%を占めているのは、タンパク質。そのタンパク質の約1/3を占めるのがコラーゲンで、カラダの弾力やしなやかさを生み出しています。

しかし、年齢とともにコラーゲン量は減少していきます。

しかも、20歳を過ぎたあたりから減少していく一方。

今この記事を読んでいるあなたの体内のコラーゲンも、ピーク時よりも少なくなってしまっているのです。

じゃあどうすればいいのー!?

年々減っていくコラーゲンをカバーするには

美容成分として有名なコラーゲン。

外からつけるものだけでなく、食物から摂取することができます。

一般的に、女性が普段の食事から摂っているコラーゲンは、1日1,900mgほどと言われていますが、1日に必要な摂取量の目安は5,000~10,000mg。

つまり、食事では摂取目安量を全然摂れていないんですね。

しかも、これは1日の目安摂取量。

キレイを保つためには、毎日継続して摂るのが理想的です。

フカヒレや牛すじなど、コラーゲンと聞いて思い浮かぶ食材もあるかと思います。

しかし、そのまま食べても体内に消化吸収されにくいことがわかっています。

コラーゲンはアミノ酸の集合体なのですが、とても大きな分子なので、消化・吸収されにくいんです。

せっかく食べても吸収されなければ、意味がないですよね。

じゃあ、普段の食事でどうやってコラーゲンを摂ったらいいの・・・?

そこでおススメなのが、消化吸収されやすいように低分子化された「コラーゲンペプチド」

ではこのコラーゲンペプチドを摂るには、どうしたらいいのでしょうか。

 

コラーゲンをおいしく、しかも効率よく摂る方法

関連するまとめ

一日一匙のココナッツオイルで美容と健康をキープ!

ココナッツオイルは海外セレブのミランダ・カーや、ローラをはじめ多くの芸能人が愛用していることからブームに火が…

あり

切開法でまぶたのたるみを解消する

まぶたのたるみ解消(^^)

子供のメタボリック症候群

子供のメタボリック解消には、大人も一緒に生活を改善する必要があります。まずは朝食をパンからお米に変えるだけで…

flower

chieまとめ

chieまとめ編集部です。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング