若さとキレイのヒミツ、コラーゲン。上手に摂り続けるには!?

女性はいつまでも、若々しくキレイでいたいものです。

それには、毎日のケアが欠かせません。

化粧水や美容液などにコラーゲンが配合されていると、なんだかキレイになりそう!なんて思っちゃいますよね。

私たちのカラダの20~30%を占めているのは、タンパク質。そのタンパク質の約1/3を占めるのがコラーゲンで、カラダの弾力やしなやかさを生み出しています。

しかし、年齢とともにコラーゲン量は減少していきます。

しかも、20歳を過ぎたあたりから減少していく一方。

今この記事を読んでいるあなたの体内のコラーゲンも、ピーク時よりも少なくなってしまっているのです。

じゃあどうすればいいのー!?

年々減っていくコラーゲンをカバーするには

美容成分として有名なコラーゲン。

外からつけるものだけでなく、食物から摂取することができます。

一般的に、女性が普段の食事から摂っているコラーゲンは、1日1,900mgほどと言われていますが、1日に必要な摂取量の目安は5,000~10,000mg。

つまり、食事では摂取目安量を全然摂れていないんですね。

しかも、これは1日の目安摂取量。

キレイを保つためには、毎日継続して摂るのが理想的です。

フカヒレや牛すじなど、コラーゲンと聞いて思い浮かぶ食材もあるかと思います。

しかし、そのまま食べても体内に消化吸収されにくいことがわかっています。

コラーゲンはアミノ酸の集合体なのですが、とても大きな分子なので、消化・吸収されにくいんです。

せっかく食べても吸収されなければ、意味がないですよね。

じゃあ、普段の食事でどうやってコラーゲンを摂ったらいいの・・・?

そこでおススメなのが、消化吸収されやすいように低分子化された「コラーゲンペプチド」

ではこのコラーゲンペプチドを摂るには、どうしたらいいのでしょうか。

 

コラーゲンをおいしく、しかも効率よく摂る方法

関連するまとめ

老化防止、若々しくあるために!効果のあるアンチエイジングサプリメントとは?

アンチエイジングとは日本語では「抗老化」「抗加齢」という意味です。 加齢による体の衰えを少しでも少なくする…

女性の味方

リバウンドもハードな運動もなし!手軽で簡単にダイエット

リバウンドに悩まされる短期集中型ダイエットしか頑張れない方におすすめのダイエット方法をご紹介します。

あり

まぶたたるみの原因と弊害

年齢を重ねていくにつれ落ちてくるまぶた。 原因とたるみによる弊害をまとめてみました。

ペニー

chieまとめ

chieまとめ編集部です。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング