人生の選択肢の多様化

現在、未婚者が増加している理由の1つにはまず人生の選択肢が広がったという点があります。

昔は、ある程度年齢を重ねたら結婚をして子供を産んで、育てるのが当たり前な感じでしたが、今は家庭を持つよりも仕事を頑張りたい、世界中を旅したい、同性がパートナー、オタク器質で趣味に力を注ぎたい人など様々です。

こういったことをしたいということから家庭を持つのに抵抗を持つ人が増加しているのです。

金銭的に余裕がない

それでも、結婚したいと思うカップルは存在しています。

ですが、現代社会には結婚に大きな壁が多くのカップルに立ちはだかっています。

それが、「不況」です。

最近少しずつ上昇していると言いますが、多くの労働者は低賃金に頭を抱えています。

自分一人が生きるのも精一杯なのに、家族を作ることなんかできないとなってしまっている人が多いです。

このことから仮に結婚したとしても子供を作らないという人、いても1人という家庭は増加傾向にあります。

少子化が進むとどうなるのか

このまま少子化が進めば社会はどうなっていくのでしょうか?

まず、単純に人口がどんどん減少してしまって現在の状態ではいつかは日本人が滅亡してしまうことになってしまいます。

それまでに、子供が減っていけばやがて労働力となる大人も減っていくことになるので徐々に経済力も財政的なバランスも悪化してしまい、現在にも既に見えていますが、世代間での格差も生まれます。

国内でどうしても経済的にも力があり、人数が多くて絶対的に多数派となってしまう高齢者の意見を尊重した社会になっていってしまうのです。

そうなれば若者は辛くなっていく一方です。

移民を受け入れざる得なくなる状況にもなり、争いが絶えなくなることも考えられます。

いずれにせよ、日本という国が衰退していってしまうことは確かです。

国を挙げての対策

このような事態を避けるためにも現在国、都道府県、地方自治体など様々なところで結婚の促進、少子化対策が行われています。

気軽に立ち寄れるような結婚相談所を設けたり、婚活サポート事業を行う、妊活など妊娠に関する最新の情報の提供、産後の育児支援などその対策の種類は多種多様です。

現在は人生が多様化したと言いましたが、それはカップルの出会いにも言えます。

現在は様々なサービス、イベントによって昔ではなかったようなところから結婚相手を見つけることもあります。

自分のやりたいことを突き詰めることで価値観の合う相手と巡り会って結ばれるということも十分考えられ、そういった意味では昔以上に気の合う人と出会える可能性は高い社会だと言えるのかもしれません。

まとめ

少子化が進むと様々な問題があり、いつか私たちが大きく苦しむことになる可能性は高いです。

そうならないためには私たちがもっと上手く生きれる方法を知って、世界を広げていくといいのかもしれません。

そうすると結婚したいと思える人に出会える可能性も広がりますし、未婚だとしても将来安心して生きられる方法を見つけることにも繋がるでしょう。

関連するまとめ

【知ってる人は知っている!?】ちょっと変わったコンビニまとめ

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート…… 世の中にはたくさんコンビニがありますが、ちょっと変わったマイ…

つくくん

高齢の家族がいる人に見てほしい! 知っておきたい介護の心構え

65歳以上の高齢者の人口はここ数年増加の一途をたどっています。 文字通り高齢化社会の日本。高齢家族の介護に直…

CHIE

あり

為になる記事をご提供させていただきます。
因みにハンバーグが大好きです♡

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング