〖じゃがいもチヂミ〗

韓国料理の定番、チヂミは様々な種類があります。その中の一つがじゃがいもチヂミです。

外はカリッと中はもちっとした食感で、箸が止まらない美味しさです。

作り方は、ジじゃがいもと玉ねぎをすりおろし、そこに片栗粉やコーンスターチを加えて混ぜたものを焼いて完成です。

じゃがいもと玉ねぎの割合は、二対一くらいが丁度良いかと思います。

これだけだとかなりゆるい状態なので、片栗粉やコーンスターチなどの粉を入れることを忘れないでください。

使う粉は、小麦粉でも大丈夫です。

ただ、片栗粉やコーンスターチを使った方が、よりもっちりとした食感になります。

コツはそんなに要りませんが、焼くときに多めの油を使うことがポイントです。

揚げ焼きにすることで、外はカリッと中はもっちりした食感になります。

味付けは、醤油と酢を混ぜた酢醤油がさっぱりとして美味しいです。

〖じゃがいもベーコン〗

お酒のおつまみとしておすすめのレシピです。

串切りにしたじゃがいもを素揚げにし、ベーコンと炒め、塩コショウで味付けをしたら完成です。

お好みでチーズを振りかけても美味しいですよ。

急な来客でおつまみの準備が出来ない時でも、さっと作ることが出来るのでおすすめです。

ワインやビール、カクテル、どんなお酒との相性もバッチリなので是非一度作ってみてください。

味付けをカレー味にすればお子さんのお弁当にもピッタリです。

〖じゃがいもガレット〗

オシャレにじゃがいもを食べたいなら、ガレットがおススメです。

よく洗ったじゃがいもを皮付きのまま、千切りにしていきます。

切ったじゃがいもは、水にさらさずにそのまま調理します。

フライパンにたっぷりの油を引き、そこに千切りにしたじゃがいもを薄く広げていきます。

片面に焼き色がついてきたら、ひっくり返してもう片面も焼いて完成です。味付けは、ケチャップや塩コショウが美味しいです。

外はカリッと香ばしく、千切りにしたことで、中はほんのりとシャキシャキとした食感が残ります。

休日のブランチとしてもおすすめです。

関連するまとめ

ラムネ菓子が持つとんでもない効果!常備しておきたいワケとは

子供の頃に誰もが一度は食べたことのあるラムネ菓子。 懐かしい駄菓子にある効果が期待できると話題になっています…

なおさん

【バレンタイン特集】チョコレート以外のスイーツでサプライズっ♪

バレンタインというとチョコレートというイメージがありますが、毎年チョコレートじゃ飽きてしまいますよね。そこで…

ペニー

いっぱい食べよう!トマト大量消費したいときのメニュー

いつもたっぷりもらうけどなかなか消費できない夏野菜。そんなトマトの消費レシピはいかがでしょうか?

茶々子

あり

為になる記事をご提供させていただきます。
因みにハンバーグが大好きです♡

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング