もやしスープ

もやしスープ

もやしスープを作る時のポイントは、冷蔵庫に余ったもので作ることです。ついつい余らせてしまった野菜の残りをたっぷりと使って、冷蔵庫のお掃除も一緒にしましょう。食材を無駄にしない為にもなるので、もやしスープは定期的に作って欲しいメニューです。作り方は至って簡単です。一口大に切った野菜を油で軽く炒め、そこに水を足して煮込んでいきます。野菜が柔らかくなったら味付けをします。もやしにはあっさりとした味付けが合うので、中華の顆粒だしを使って味付けするのがおススメです。顆粒だしを少しずつ加え、好みの味付けにしたら完成です。仕上げにごま油を一たらしすると、風味がアップします。

もやし炒め

もやし炒め

もやしと言ったらもやし炒めを思い浮かべる方も多いかと思います。シャキシャキの食感のもやしを炒め物にすることで、存分に活かすことができます。そんなもやし炒めの作り方は、もやしと青菜、ひき肉をさっと炒めて、シンプルに塩コショウで味付けをしたら完成です。青菜はお好みのものを使ってください。小松菜や空心菜、チンゲン菜、歯ごたえのある青菜を使うと美味しいです。ひき肉は、豚か合い挽きを使うのがおススメです。鶏ひき肉を使っても大丈夫ですが、少しあっさりしすぎてしまうので、出来れば鶏肉以外のひき肉を使って作ってみてください。もやしは水分が出やすいので、強火で短時間の調理がポイントになってきます。

もやしなべ

もやしなべ

もやしを鍋にする最大のメリットは、かさましが出来るということです。鍋に入れると野菜の量が減ってしまいますが、もやしなら一袋が安いのでたっぷりと入れて量を増やせます。もやしと相性の良い、豚バラ肉を入れるのも忘れないようにしてください。豚肉の脂身からコクが出るので、だしの役割もはたしてくれます。もやしと豚バラ肉、そしてキャベツや白菜、ネギなどの野菜も入れたら体の底から温まる鍋の完成です。味付けには昆布やかつお節を使うのも良いですが、鍋の素を使えばお手軽で時短にもなります。

関連するまとめ

ハリボーグミを更に楽しく美味しくするアレンジレシピ

グミの発祥であるドイツのHARIBO。カエルやクマなど見た目もとってもかわいいのですが実はアレンジレシピがた…

筆人

山形県酒田市のうまいラーメン屋さんご紹介します!

山形県酒田市に、あります美味しいラーメン屋さんを紹介したいと思います。 紹介記事をまとめてみました。

そういえば何でできてる?タピオカについての疑問を解消!

つるつる、モチモチ。冷たいドリンクの中に入った、丸くてつぶつぶの『タピオカ』夏にはタピオカドリンクが飲みたく…

rrra

あり

為になる記事をご提供させていただきます。
因みにハンバーグが大好きです♡

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング