<’17年、一発屋になりそうな男>

1位 永野…219票
2位 ピコ太郎…42票
3位 カズレーザー(メイプル超合金)…35票
4位 りゅうちぇる…16票
5位 斎藤 司(トレンディエンジェル)…12票

次点:ドナルド・トランプ、ハリウッドザコシショウ
正直な感想を言うと“一発屋”と言われても仕方ないと思います

正直な感想を言うと“一発屋”と言われても仕方ないと思います

「’17年、一発屋になりそうな男」では永野が2位のピコ太郎を大きく引き離しダントツの1位に。「どこが面白いのかわからない」(43歳・自営業)、「すでに消える気配が」(48歳・公務員)、「消えてほしい」(49歳・土木設計)と散々な言われようだが、本人の反応やいかに?

「俺は一発屋にはならないし、今年も絶対に消えないから見てろよ!……と本当なら威勢よく言いたいところですけど、正直な感想を言うと、そう言われても仕方ないかなと思います。テレビに出られなければ『あいつ一発屋だよ』とすらも言ってもらえないのでありがたいですよ。もちろん『消えてほしい』って言われていい気はしないし凹みますけど(笑)」

なんだかいつもの勢いが感じられないが、一発屋の称号をありがたく感じてしまうのは、長かった下積み時代の記憶からなのだとか。
「僕、21年売れてなくて、40歳になるまでほとんどテレビに出られなかったんですよね。いい年してフリーターですよ。居酒屋とかで若い人と一緒に働くのも恥ずかしくて、ビルの搬入のバイトで生計を立てていたくらいなので。だからこの『とりあえず’17年には終わるだろう』(39歳・無職)とか、『お前無職なんだから他人のことよりまず自分の心配しろよ!』と思う半面、僕、この人の気持ち少しわかる。むしろ話が合う気がします」
※画像はイメージです

※画像はイメージです

現在は多忙な毎日を送るものの、周囲から

「次どうするの!?」と聞かれることが増え、不安を覚え始めているのだとか。

「このまま消えないためにも、’17年はいっそ“いい人キャラ”でも演じてみますかね。カメラの前で謙虚なことを言ったりして『え、撮ってたの? イメージが崩れるからこんなとこ撮るな~!』みたいな」

生き残りを懸けたキャラ変は果たして成功なるか!?

永野 ゴッホより普通にラッセンがすっきー

出典:YouTube

関連するまとめ

アニメ「キルラキル」の魅力・・・その根本には「演劇」にあった!!

2003年10月に、とんでもなく衝撃的なアニメが放送開始になりました。その名も、 「キルラキル」

ペニー

ホンダのヨーロッパ専用で販売された車いろいろ

ホンダはイギリスに工場がありヨーロッパ市場専用車をいくつか生産していました。現在は専用車は縮小していますが、…

カリスマキュレーター

青春ドラマは、1970年代がピークであります!《動画あり》

青春ドラマの作品について、まとめてみました。1970年代は、いろんな役者が青春ドラマの先生役を演じますが、中…

関連するキーワード

壱と申します。
いろいろなまとめをご提供できたらと考えております。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング