著者の出演映画『歌ってみた 恋してみた』のシーンより

著者の出演映画『歌ってみた 恋してみた』のシーンより

「薰ちゃん、今日の服かわいいね!」

 女友だちからそんなことを言われたときのベストな対応を、女装歴12年にしてやっと知った。

「ありがとー! 〇〇ちゃんも今日髪型変えてきたんだ。かわいい!」

と、おそらく彼女が今日1番気合を入れてきたであろう部分を探して返す。男性の見た目のときや、女装を始めたてのころはこんな言葉など思いもつかなかった。
女性は生まれたときから『女性』というわけではないなと感じる。いや、そりゃ生まれたときに身体が女性なら女性だし、男性なら男性でしかないだろという人も多いだろうが、いいや、決してそうじゃない。
女性だって、男性だって生まれたばかりのころは何も知らない子どもだ。女の子も泥だらけになって遊ぶし、男の子もクマのぬいぐるみを愛でたりする。それを物心つき始めるときに、両親や学校から「女の子なんだから、もっとおしとやかにしなさい」とか「男の子のくせに泣かないの」とか言われてだんだんと「女性」と「男性」になっていく。
学校なんかもそうかもしれない。女の子が友だちと話しているときに何かに同意しなかっただけで、空気が読めないという扱いを受ける。そうして、だんだん「女性」のルールに染められていく。
メイクだって、レディースファッションだって、女の子ならいきなり誰でも使いこなせるわけではないだろう。ボクは本格的に女装姿で生活するようになったのは23歳のころ。もちろん心も身体も女性になったわけではないが、女性のフリをして生活し始めた歴は4年。女性歴4年のようなもの。20歳の女性がいれば、それは女性歴20年ということだけど、ボクは28歳男性の女性歴4年なのだ。

女装をしていると「女性同士の会話」を求められる

出演映画『歌ってみた 恋してみた』の現場より

出演映画『歌ってみた 恋してみた』の現場より

女性と一緒にいると、ボクのシルエットに安心するのか、女性同士の会話を求められる。いくらボクが女性も好きだと公言していると知っていようとも、そう扱われてしまう。見た目が与える印象は強い。
しかし、ボクは女性のルールを知らない。相手の言ったことに同意する癖付けもできていなければ、褒められたら褒め返すということもしてこなかった。しかし、何回かそういった”女子会”のようなものに参加させてもらって、「ああ、こういうときは褒めなきゃいけなかったんだ」と気付くことができた。それがつい最近。
そう考えると、もしかしたら、男性の見た目のままでは一生そういう気付きを得られなかっただろうと思う。男性の見た目のときに付き合ってた彼女と、こんな内容で喧嘩したことがある。

「どうしてあなたは否定ばっかりするの!?」

はて? なぜ彼女は怒っているのかと考える。そもそもの発端は彼女が相談話を持ちかけてきたので、受け答えをしただけのことに過ぎない。それがいつの間にやら彼女は否定された気持ちになり、いまはボクに怒りと悲しみをぶつけている。
そもそも彼女を否定するつもりなど、さらさらない。受け入れているからこそ付き合っているのだし、時間を割いて相談にも乗ってるんじゃないか。しかし、彼女は否定されたと感じている。これはどうしてなのだろう。
きっと、ボクは共感してあげられてなかったのだ、といまは思う。どうしても男性は結論をすぐに求めがちだ。それはもう、「生きるか死ぬか」くらい白黒はっきりつくものをよしとする。しかし、女性の社会でそういう会話はあまり見ない。結論などはともかく、まずは共感を重視する。
たしかに、いまのボクからすれば、昔のボクは否定ばかりに見えるかもしれない。彼女のいうことに「でもさ、それってこうじゃない?」とか「そんなにいうなら、ああすればよかったじゃん」と結論を提示して、彼女のいってることへの同意がゼロだった。けっして、そんなつもりはなかったのだが、女性の社会にいる人にとってはそう見えたことだろう。
だから、いまはまず初めに同意する。「そうだね。そういうのってイヤだよね」とか、「わかるよ。辛いよね」という言葉を最初に提示してから、自分の考えを伝えるようになった。だって、否定されるのは悲しいもんね。
ボクらは生まれてから、たくさんのそんな「ルール」や「マナー」に縛られて成長していく。縛られていることが心地いいと感じることも多いが、たまに、辛くなる。自分がおかしいと思ったことを、おかしいといえない世の中。キライなモノもスキといわざるを得ない世の中。ボクは「男性は男性の格好をするもの」という《男性のルール》を飛び出して、いまこの生活をしている。そして、いまはたまに《女性のルール》に縛られる。そんなことを繰り返しながら、また《男性のルール》に戻ってみるのだ。

自分らしさとはなにか、知るために。

【大島薫】

【大島薫】

作家。文筆家。ゲイビデオモデルを経て、一般アダルトビデオ作品にも出演。2016年に引退した後には執筆活動のほか、映画、テレビ、ネットメディアに多数出演する。著書に『大島薫先生が教えるセックスよりも気持ちイイこと』(マイウェイ出版)。大島薫オフィシャルブログ(http://www.diamondblog.jp/official/kaoru_oshima/)。ツイッターアカウントは@Oshima_Kaoru

関連するまとめ

北欧で最も盛り上がる音楽「ヘヴィメタル」

皆さんは北欧と聞いて何を思い浮かべるでしょうか? 日本で知られているものとしては北欧家具を販売している「IK…

リカ

今、戦争映画はこう描かれている!2015~17年度戦争映画まとめ

現代戦争映画の中でも、戦場ではなく人物の心情に迫った、15~17年の作品についてまとめました。

茶々子

「声優人気ランキング2016(女性声優)」4位に輝いた「佐倉綾音」さんとは?

人気声優「佐倉綾音」さんについてまとめてみました。 人物像や演じたキャラクターたちについてまとめています。

素の人(しろのーと)

壱と申します。
いろいろなまとめをご提供できたらと考えております。

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング