JR東日本「TRAIN SUITE 四季島」

「TRAIN SUITE 四季島」は、今年5月1日から運行を開始するJR東日本のクルーズトレインです。

コースは1泊2日と3泊4日の2種類が用意されており、

1泊2日コースは山梨・長野・会津若松と、信州・南東北を周遊するプラン、

3泊4日コースは日光を経由して北海道へ行き、

帰りは青森・秋田・山形・新潟の日本海側を経由して戻ってくるプランが予定されています。

車両は?

車両はこのためだけに製造されたE001形を使用、先頭と最後尾に窓の大きな展望車を備えたのが特徴で、

JRとしては初めて、電車のようにパンタグラフを上げて走行することもでき、

搭載されたディーゼルエンジンで発電しながらも走行できる「EDC方式」を採用しています。

車内は?

客室は、スイートルームが15部屋と、デラックススイートが1部屋、最高級の「四季島スイート」が1部屋で、

10両編成ながら1編成あたり17組34人のみが乗車できます。

このほか、車内には車両前後に設けられた展望室や、ラウンジカー・ダイニングカーがあります。

値段は?

値段は1名あたり、1泊2日コースが32万~45万円、3泊4日コースが75万~95万円となっています。

この他、年末年始に初日の出と初詣を堪能するコースや冬の東北を周遊するコースなどが発表されています。

JR九州「ななつ星 in 九州」

「ななつ星 in 九州」は2013年よりJR九州が運行しているクルーズトレインです。

コースは1泊2日と3泊4日の2種類が用意されており、1泊2日コースは、

佐世保・長崎・由布院の九州北部を巡るプラン、

3泊4日コースは由布院・宮崎・鹿児島・熊本と九州をほぼ1周するプランが用意されています。

車両は?

専用の77系客車を使用、車両デザインは今では九州のみならず、

全国的な車両デザイナーとして有名となった水戸岡鋭治さんが担当しています。

「ななつ星」専用の機関車も用意され、最後尾には大きな展望窓が設けられているのが特徴的です。

車内は?

客室は、スイートルームが12部屋と、DXスイートが2部屋で、

1編成あたりでは「四季島」より少ない14組28名が定員となっています。

スイート・DXスイートともに、水戸岡デザインならではの、

木をふんだんに使っているのが特徴です。

車内にはバーカウンターを備えたラウンジカーやダイニングカーも設けられています。

値段は?

値段はいずれも1室2名利用で、1泊2日コースが30万~45万円、3泊4日コースが63万~95万円となっています。

運行開始から4年を迎える現在ですが、少ない定員が故に未だに人気は衰えていません。

現在、熊本地震の影響で「ななつ星」も3泊4日コースが一部、ルート変更となっていますが、

このルート変更も今だけということで人気があるようです。

JR西日本「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」

「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」は、今年6月17日から運行を開始するJR西日本のクルーズトレインです。

コースは1泊2日と2泊3日の2つが用意されており、「四季島」や「ななつ星」と比べるとやや短めの設定となっています。

1泊2日コースは、関西から下関(またはその逆)へ山陽、もしくは山陰を巡るプラン、

2泊3日コースは1泊2日コースを合わせた、関西から下関を経由して再び関西へ戻ってくるプランとなっています。

車両は?

「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」専用の車両として87系ハイブリッド式気動車が製造されました。

最大の特徴は車両前後に設けられた、これまでのクルーズトレインには無い、

オープンデッキ式の展望車があり、乗っていながら外の空気も楽しめる仕様となっています。

車内は?

客室は、1室2名利用のロイヤルツインが13室と、最上級客室の「ザ・スイート」が1室、

そしてこれまでのクルーズトレインには無かった1名用個室「ロイヤルシングル」が2室設置されています。

これまでのクルーズトレインが基本的に2名利用であったことから、

「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の1名用個室は画期的と言えるでしょう。

また、最上級客室の「ザ・スイート」は1両をまるまる1室にした、

こちらも他のクルーズトレインには無い、まさしく最上級客室と言えそうです。

車内にはこの他に前述した外に出られる展望車や、オープンキッチンの食堂車、

バーカウンターと茶の卓が備え付けられたラウンジカーがあります。

値段は?

値段は1名あたり、1泊2日コースだと、2名1室利用のロイヤルツインならば27万~30万円、

1名1室利用のロイヤルシングルだと33万~36万円、最上級の「ザ・スイート」は75~78万円となっています。

高額ではありますが、3つのクルーズトレインの中では1番価格が低い部類となっています。

関連するまとめ

大田区の温泉なら熱湯黒湯温泉の「蒲田温泉」がおすすめ!

大田区は東京都の中でも特に温泉が多いことで有名です。 その中でも特におすすめの温泉「蒲田温泉」をご紹介します…

旅人

世界三大奇虫とは何か?日本でも見られるの!?

世界には様々な姿、様々な生態の虫たちが存在しています。「世界三大奇虫」とは、中でも特に奇妙な虫たちに与えられ…

rrra

心霊スポット関東編5選

今回は関東のとても怖~い心霊スポットをご紹介します! 行ける勇気のあるは・・・ い ま す か 。

関連するキーワード

あり

為になる記事をご提供させていただきます。
因みにハンバーグが大好きです♡

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング