月額制とパックプラン

月額制とパックプラン

脱毛サロンの全身脱毛には月額制とパックプランと大まかに分けて2種類あります。
それぞれシステムが異なるため、事前に把握してから全身脱毛を始めたいところです。
このうちバックプランでは契約するときに回数を決め、まとめて料金を支払するシステムになっています。
脱毛サロンにより料金が異なりますが、全身脱毛のパックプラン6回で17万円ほどの料金がかかります。
12回では32万円ほど、18回では46万円ほどと回数が多くなるほど料金が上がっていきます。
これだけの料金を契約時にまとめて支払するのではきついことがありました。
月額制なら6回13万円ほどの料金を月々に分けて支払することが可能です。
予算の少ないときでも、余裕の無いときでも無理なく始めやすいと言うメリットがあります。
パックプランでも脱毛サロンによってはローンで分割払い出来ることがあります。
クレジットカードで一括払いし、後からカード会社に連絡し分割払いやリボ払いに変更して貰うと言う方法もあります。
しかしローンの分割払いもクレジットカードの分割払い、リボ払いも手数料がかかります。
支払回数が多くなるほど手数料の負担が増えると言う点には注意が必要です。
月額制の全身脱毛には月謝型と分割払い型と主に2種類あります。

月謝型の月額制

月謝型の月額制

月謝型は毎月月謝のように支払していきます。
最初にまとまった金額の契約を行わずに済むため、気軽に始めることが可能です。
月謝型の全身脱毛なら目的達成した時点でいつでも止めることが可能です。
解約違約金も発生しないため、もし施術の効果が無かったときでも大丈夫です。
分割払いやリボ払いのような手数料は発生しません。
月謝型の月額制にもデメリットがあります。
一つは回数を決めない代わりにいつまで通えば良いのか分かり難いと言う点です。
全身脱毛の総額料金も分かり難くなっています。
通わなかった月も料金が発生することがあるため、忙しくて毎月通えないと言う方には向かないです。
予約キャンセルすると1回分消化となることがあります。

総額分割払い型の月額制

総額分割払い型の月額制

総額分割払い型は契約するときに回数を決め、総額を分割払いしていきます。
契約するときに回数を決めると言う点ではパックプランと似ています。
しかしまとめて支払するのではなく、分割払い出来ると言う点に違いがあります。
月謝型の月額制と違い、予め回数や総額が明確となっています。
回数で契約しているため、通えない月があっても1回分消化とはなりません。
そのため自分のペースで通うことが可能です。
分割払いの手数料は脱毛サロン負担と言う場合が多くなっています。
総額分割払い型の月額制のデメリットは最初にまとまった金額の契約を行う必要があると言う点です。
分割払いが出来るとは言え、余裕の無いときだと大丈夫だろうかと心配になることがありました。
中途解約すると解約違約金の発生があります。
残りの金額は返金されるものの、中途解約には注意が必要です。
分割払いの手数料はお客さん負担と言う脱毛サロンもあるため事前に確認して下さい。

回数の目安は?

回数の目安は?

全身ツルツルスベスベまで脱毛したい、目立たなくなる程度で良いなど目的によって回数が異なります。
その他にもむだ毛の量が多い少ない、濃い薄いなど個人差によっても回数が異なります。
一般的には6回で5割程のむだ毛が無くなり、目立たなくなる程度まで脱毛出来ると言われています。
自己処理が楽になるものの、まだ必要なレベルです。
12回なら8割ものむだ毛が無くなり、自己処理殆ど不要となるレベルです。
18回なら9割ものむだ毛が無くなり、全身ツルツルスベスベになるレベルとなります。
総額分割払い型の月額制で多めの回数で契約し、後で回数が余ってしまうと余計なお金がかかりかねないです。
目的や個人差に合った回数を選びたいところです。
回数が分からないときはエステティシャンに相談すると良いでしょう。
迷ったときは回数6回がおすすめです。

関連するまとめ

妊活中の人におススメ!自宅で出来る妊活ストレッチとは

妊活をしながら、仕事も頑張っている方も多いのではないでしょうか。 そんな、忙しいあなたに、自宅で気軽にできる…

女性の味方

毛穴のしくみ!

生き物の皮膚に存在している小さい穴のことを毛穴といいます。

妊娠かも?と思ったときにまず気を付ける事

「子供は天からの授かりもの」という話をよく聞きます。赤ちゃんができたかな?と思ったときに、大事に生まれてきて…

筆人

あり

為になる記事をご提供させていただきます。
因みにハンバーグが大好きです♡

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング