高校生になると学校の学習内容もぐっと難しくなります。

高校生になると学校の学習内容もぐっと難しくなります。

大学受験を見据えてそろそろ子どもを塾に通わせないとな、とお考えの親御さんも多いかと思います。
しかし、いざ塾を探すとなると、どのように選べばよいのか悩むところです。
学習塾業界は熾烈な競争をしていますので、規模の大小を含め様々な塾がります。以下では高校生の学習塾を選ぶ基準についてお話していきます。

1:そもそも塾に通わせる目的はなにか

まずはじめにみなさんが考えるべきことは「なぜ子供を塾に通わせるのか」という点です。

もちろん勉強をさせるためだという点はわかります。

しかし、なんのための勉強か、という点をあらためて整理する必要があります。

たとえば「学校の成績が下がっている高校1年生」を想定します。

具体的には高校1年生の2学期の中間テストで英語、数学ともに赤点をとってしまった場合を考えてみます。

次の3学期のテストで挽回しなければなりません。

勉強の目的は「とにかく次の学校のテストの成績を上げること」になります。

この目的に合致した学習塾はどのようなものでしょうか。

たとえば一番適しているのは「個別指導型の塾」です。

個別指導の塾では、学校のテキストを用いたり、あるいは近隣の学校のカリキュラムに準拠する形で授業を勧めます。

学校の進度に合わせてくれるので、本人が現在つまづいている学習ポイントをピンポイントで教えてくれます。

次は「模試の成績が思うように伸びない高校2年生」を想定してみます。

学校の成績は平均点くらいはとれているのですが、外部模試になると全く点数が取れません。

これから大学受験をすると考えると、今のままの模試の成績ではかなり心配です。

なんとかできないものか・・

この場合、塾に通わせる目的は「大学受験に向けて模試の成績を上げること」になります。

この目的に合致した学習塾は「大手予備校」「映像授業の予備校」が第一の候補として上がります。

予備校では学校のテスト対策などきめ細かい指導はしてくれませんが、大学受験に向けての指導・ノウハウには優れています。

対面式の授業か映像授業かの違いはありますが、大学受験予備校に通うことをおすすめします。

2:学習習慣は身についているか

そもそも、学習塾に通っても成績が上がらない子供もいます。

それは「基本的な学習習慣が身についていない子供」です。

このような子供がどれだけ高い授業料を出して塾に通わせても一向に成績は上がりません。

それどころか、塾に缶詰めにされることでどんどん勉強をしなくなってしまいます。

基本的な学習習慣とは「毎日、一定の時間(少なくとも30分)は勉強をする習慣を持っている」ことです。

机に向かい、30分以上は集中して学習することができれなければいけません。

これができていないと、塾にいってもダメです。

もしこの習慣が身についていないならば、まず家庭の中で1日30分の集中時間をつくりましょう。

3:塾の先生との相性

塾を考える上で最後に検討すべきポイントは「子供と先生との相性」です。

塾では教えてくれる先生がいます。

もちろん最近は映像形式の塾も増えてきていますが、そのような塾でもサポートをしてくれるアドバイザーのような人がいます。

そのような先生やアドバイザーと子供との相性を考えてみましょう。

子供との相性が悪ければ子供は塾に通いたがりません。

単純に好きな先生がいるかどうか、それが子供のモチベーションを上げるポイントになります。

ご自身の幼少期を振り返ってみても、学校の好きな先生の授業は受けたい気持ちになりましたが、

嫌いな先生の授業は1秒でもはやく終わらないかと願ったはずです。

同じように先生と子供の相性はとても大事なのです。

このように、子供の学習塾を選ぶときには検討すべきポイントがあります。

ともすると学費や通いやすさなどの面に目がいきがちですが、

そのような項目よりも大事なポイントがあることをぜひ知って頂ければと思います。

とても学費の安い塾でも子供の成績が上がらなかったり、大学受験に失敗してしまったら通わせた意味はありません。

ぜひ、もう一度と学習塾を検討してみましょう。

関連するまとめ

子どもが中学校受験をすることになったら!

子どもが受験をするとなったら塾選びや家庭学習など準備をすることがたくさんあります。 様々な塾がありますのでお…

暮らし生活の知恵

冬場の子どものおもらしにはおむつを活用!

寒くなると気になるのが子どものおもらし。実は冬場だけでもおもらし対策におむつを使う小学生が増えているのをご存…

峠の425

日本最大のキャンパスを誇る日本大学の附属高校 ~東北・北海道編~

日本大学で一番の大きい大学と言われている日本大学ですが、 実は附属高校の数もそれなりに多く日本各地にあります…

rbkg

関連するキーワード

あり

為になる記事をご提供させていただきます。
因みにハンバーグが大好きです♡

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング