子供の感性や想像の翼を広げてくれる、情操教育のサポートには欠かせない「玩具」は多種多様です。

カードやピース(木材)で作られたオブジェの他に、ぬり絵や絵本、

物理的要素のある万華鏡なども、芸術性の高い知育玩具として親しまれてきました。

大人が子供と一緒に遊んだ後、室内に飾れる、そんなインテリアとして活用できる、

素敵な「玩具」5選についてお伝えします。

「House of Cards(ハウスオブカード)」について

「House of Cards(ハウスオブカード)」は、アメリカのチャールズ&レイ・イームズが考案した、60年以上愛され続けている、ロングセラー商品です。一枚一枚が様々なモチーフ(鉱物・野菜・動物や民族的な用品など)でデザインされていて、カードの切り込みを使って、積み木のようにつないで組み立てていくことができるので、ミニチュアな家や多彩なオブジェを作ることができます。子供とともにパターンを変えて遊ぶことができる、インテリアにもなる、おしゃれなカードです。

「ヘリコーン プレイブルアート」について

「ヘリコーン プレイブルアート」は、アメリカのジョン・エドマーク氏の設計物です。「ヘリコーン プレイブルアート」は、38個の木材のピースで組み立てられた、フィボナッチ数列(自然の法則を表す数列)に基づいていて、両手で左右に回転させると、音をたてて違う形体を見せる、動く彫刻と言われています。遊んで学べる「ヘリコーン プレイブルアート」は、子供の探究心(触ってその構造を確かめたくなる)を育ててくれる、シンプルでユニークなインテリアとしても、室内に飾れる玩具(教材)です。

新感覚タイプのぬり絵「NuRIEヌーリエ」について

「NuRIEヌーリエ」は、老舗文具メーカー「マルアイ」とアートディレクター・吉永卓氏の「Swimmy Design Lab(スイミーデザインラボ)」のコラボレーションで生まれた、新しいタイプのぬり絵です。世界の動物や日本各地の名所などをテーマにしていて、子供たちが他の国々や日本の地図に関心を持つ、きっかけにもなります。「NuRIEヌーリエ」は、A0(横118.9㎝×縦84.1㎝)サイズの大型用紙に描かれていて、多人数(大人を含む)でぬり絵を楽しんだ後は、インテリアとして飾ることができます。

テレイドスコープ(遠華鏡)タイプの「万華鏡:水中の華」について

万華鏡を覗いて、そこに映し出された美しい世界に、時間が経つのも忘れてしまった、そんな体験をお持ちの方もいらっしゃると思います。「万華鏡:水中の華」は、ステンドグラス&万華鏡作家である大石氏の作品です。テレイドスコープ(遠華鏡)タイプで、景色を覗くと、水中を漂うような空間で、球体の立体的な美しい映像を楽しむことができます。先端で使用される水晶玉も、スカイブルーとホワイトのマーブルガラスでコーティングされた本体にマッチしていて、室内のアクセントとして、インテリアにもなる素敵な玩具です。

「360°BOOK 富士山 / 白雪姫」について 

「360°BOOK 富士山 / 白雪姫」は、一級建築士の大野友資氏の作品で、円を描くように本を開くと、立体のジオラマになります。日本の風景や童話の内容が、ページの一枚一枚にレーザーカットされていて、その連なりが、見る人を2次元から3次元の世界に引き込みます。通常の書籍で使われる型抜きでは、繊細なデザインの再現が難しいということで、京都の精密機器の基板をプレスする会社のカッティング技術で作られました。「360°BOOK 富士山 / 白雪姫」は、インテリアとしても活用できる、海外へのギフトにもなる素敵な3D絵本です。
大人と一緒に楽しく遊べる「玩具」を使って、慣れ親しんだ室内の印象を変えることは、子供にとって、創造的な活動の場となるかもしれません。そんな子供の成長をサポートしてくれる、拡張ツールとしてのオリジナリティに優れた素敵な「玩具」の登場を、これからも期待したいですね。

関連するまとめ

意外と多い?小学生の「おねしょ」 その原因と対策は?

昼間のおむつが取れても「夜はまだ・・・」というお子様も多いはず。 小学校入学前であれば「おねしょ」、入学後で…

暮らし生活の知恵

地元の小学校に通うことのメリットについて

地元には地元ならではの良さがあります。地元の小学校に通うことのメリットについてまとめました。

mino

関連するキーワード

あり

為になる記事をご提供させていただきます。
因みにハンバーグが大好きです♡

                 

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング