■この春消滅する東武の快速・区間快速とは?

今年4月21日の東武鉄道の大規模なダイヤ改正で、ある列車が消滅することが話題になっています。その列車とは、東武スカイツリーラインなどを走行する快速・区間快速。

主に浅草~東武日光・会津田島間を結ぶ列車で、浅草~会津田島間の走行距離は190.7㎞と、私鉄の特別料金が不要な乗車券だけで乗れる列車としては最長距離を走破する列車です。

この快速・区間快速、2017年4月21日に行われるダイヤ改正でデビューする特急「リバティ」に置き換えられることが発表され、にわかに注目されるようになりました。

・どんな列車?

これが快速・区間快速に使われる6050系。
2両~6両と様々な編成に対応するため、都心からローカル運用まで広くこなしています。

快速・区間快速に使用される車両は専用の6050系という電車が使われます。200㎞近い走行距離と、最大で4時間近く走り続けることから、数々の専用設備を備えています。

6050系の1番の特徴といえる車内。
首都圏を走る電車ながら、車内は向かい合わせの座席が主体で、旅情気分を味わうのにぴったりです。

向かい合わせの座席には窓際にテーブルも装備。
折り畳み式で広げることも出来るので、お弁当を置くことも可能です。

最長で4時間近く走る列車にも使われるので、車内には和式ながらトイレも完備。長時間の乗車でも安心ですね。
そして、トイレの向かい側には都心に乗り入れる列車には珍しくゴミ箱もあります。これもありがたい設備ですね。

快速・区間快速に使用される6050系独特の装備として忘れられないのが、運転室直後にある行先表示。
何故、車内に行先を表示するのかというと、乗っている車両によって行先が異なるため。自分が乗っている車両がどこに行くのか分かりやすくする、6050系独特の設備です。

・いつ走っているの?

浅草~会津田島間の最長距離を走る快速・区間快速は毎日運行しており、2017年3月現在浅草発が1日7本、会津田島発が1日4本となっています。このうち、浅草発6時から9時台の4本は停車駅の少ない快速、その他の列車は途中の新大平下~会津田島間が各駅停車となる区間快速となっています。

■実際に乗ってみました

浅草発の快速・区間快速は、春先であってもこのように積雪が残る地域を走ります。
この電車がはるばる、東京から来たとはちょっと想像出来ないですね。

せっかくなので、関東私鉄最長距離列車である列車に、浅草から会津田島まで乗り通してみました。

最長列車の出発駅である早朝の浅草駅。レトロなデザインが印象的です。

今回乗車するのは浅草6時20分発の快速 東武日光・会津田島行き。廃止となる快速・区間快速の下り1番列車です。

浅草駅5番線に張り出されている、快速・区間快速の乗車案内。
先述したように、快速・区間快速は浅草を出発した時点では6両編成ですが、途中駅で切り離しを行っていくため、目的地によっては乗車する車両に注意する必要があります。

浅草駅5番線に入ってきた6時20分発、快速 東武日光・会津田島行き。
浅草駅には6時5分ごろに入ってきます。

・朝日を浴びながら都内を通過

浅草駅を出発した快速 東武日光・会津田島行きはすぐに隅田川を渡ります。
車窓からは朝日をバックに東京スカイツリーが見えると、じきに最初の停車駅である、とうきょうスカイツリー駅に着きます。

東武鉄道の都内最大のターミナル駅の北千住では一気に乗客が増加します。
これから東北まで行く列車内から、反対側の常磐線ホームにおられる通勤される方の姿を見るというのはちょっと不思議な感じがしますね。

竹ノ塚駅と谷塚駅の間にある毛長川を渡ると東京都から埼玉県へ入ります。

関連するまとめ

長崎のイベント「長崎ランタンフェスティバル」!ランタンによる幻想的な世界をご紹介!

長崎のイベント「長崎ランタンフェスティバル」!ランタンによる幻想的な世界をご紹介します。

旅人

カニみそが絶品の「毛ガニ」を「毛ガニ祭り」で堪能しよう

ロシアからのカニの輸入量が激減して、タラバガニはあまり食べられなくなりました。でも毛ガニは少ないながらも北海…

ペトウトル

【6月8日】今日は何の日?ヴァイキングの日

6月8日はヴァイキングの日です。 ヴァイキングの日、ヴァイキングについてご紹介します。

イベント日和

関連するキーワード

峠の425

主に子育てや旅行関係についてまとめていきます。
旅行会社勤務で、総合旅行業務取扱管理者・旅程管理主任者資格を所持。
国内外の子育てにも興味があります!
趣味は旅行会社勤務ということで、旅行、特に鉄道を使った旅行が大好きです!
よろしくお願いします!

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング