スーパーカブが発売されて約60年の歴史

スーパーカブが市販されて約60年経ちます。

過去数度の細かなモデルチェンジを経て、現行の最新カブは、

2012年に54年ぶりにフルモデルチェンジされた、

フレームを一から設計し直したインジェクション用のフレームで、エンジンもインジェクションのカブです。

目に見えるところは全て過去のカブから刷新されました。

そのうえ価格は前モデルから20,000円〜50,000円の値下げです。

約60年のあらゆるデータの蓄積によって、洗練されたフレームとエンジン、

豊富なカスタムパーツもカブの魅力の1つです。

豊富なラインナップ

フルモデルチェンジされたカブの現行モデルはスーパーカブ50と50プロ、

スーパーカブ110と110プロ、リトルカブ、クロスカブのラインナップとなっています。

スーパーカブ50はオーソドックスなカブで、ビジネスバイクとしての用途も可能ですが、普段の街乗りバイクとして乗るカブです。

50ccは原付免許で乗れるので、16歳から取得できて、普通自動車免許を持っている方は全員乗れるカテゴリーです。

110は110ccと普通二輪免許小型限定の免許が必要ですが、速度やパワーは50とは比べものにならないほど強力で、

二段階右折が必要無いなどのメリットがあります。

道路の流れにストレスなく乗れるので、走っていて楽しいのが110です。

プロは新聞配達など積載能力を高めたカブで、14インチのタイヤ、

大型のバスケットとリアキャリア、ヘッドライトがバスケット前にある、強化したサスペンションとスタンドが特徴です。

リトルカブはエンジンはインジェクションですが、フレームはインジェクション化以前のモデルで、

タイヤが14インチで全長がスーパーカブよりも短く、小型のリアキャリア、

丸みをおびたデザインなど、オシャレにカブに乗りたい女性をターゲットにしたカブです。

クロスカブは元々オフロードも走れるカブの特徴をより活かしたタイプのカブです。

110ccで、洗練されたオシャレなデザインと、高めのシートでゆったりと乗れます。

驚異の燃費

スーパーカブといえば燃費の良さといっても過言ではありません。

現行のスーパーカブ50は国土交通省届出値でガソリン1リットルで110キロ、WMTCモード値ではガソリン1リットルで75.2キロとなっています。

WMTCモードは停止や発進を含む燃費なので、より実燃費に近い数値といえます。

スーパーカブ110は、国土交通省届出値がカタログでは2名乗車時にガソリン1リットルで63.5キロ、

WMTCモード値がカタログでは1名乗車時でガソリン1リットルで65.6キロです。

排気量が大きい割には110モデルのほうが燃費が良いといえます。

カスタムパーツが豊富

モデルチェンジを経たとはいえ約60年のカブの歴史により、カスタムパーツが無数に出ています。

カブといったらカスタムベースのバイクと捉える人も多く、

プロの知識がなくてもネットや本を見ながら自分好みのカブにカスタムすることができます。

街では、これがカブ!?と驚くほど、カッコいいカブも走っています。

関連するまとめ

恋をしていない人ほど見てほしい!恋をしたくなる映画3選!

片思いの人、両想いの人、好きな人すら見つからない人も恋愛映画で充電しましょう。 今回は恋がしたくなる恋愛映画…

スカッとじゃぽん

クロスボーンだけじゃない!長谷川裕一先生のガンダム漫画

『機動戦士クロスボーン・ガンダム』シリーズで知られる長谷川裕一先生は、他にもいくつかのガンダム漫画を手がけて…

rbkg

ダイナミックなサウンドに酔う!サックスブランドの特徴まとめ

ジャズやクラシックでも活躍する楽器「サックス」。ワイルドなサウンドから透明感あるサウンドまで、プレイヤーによ…

冒険王

関連するキーワード

あり

為になる記事をご提供させていただきます。
因みにハンバーグが大好きです♡

                          

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング